購入

「免震構造」住宅の安全性と購入コストについて知りたい!

更新日:

いざ家の購入を考えたときに、最も気になることの一つにあげられるのが「地震に対する安全性」なのではないでしょうか。特に地震が多いとされる日本では、重要なポイントになるはずです。

建築基準法による耐震構造は1981年の改正で、極めて大きな地震でも倒壊しないようにすることが前提となりました。実際に阪神大震災のときは、新基準で建てられた建物の倒壊はほとんどなかったようです。

しかし大きな揺れが起これば、室内の家具転倒によるケガや、壁の割れ・配管の損傷などが考えられます。そのような被害を最小限に食い止めるための「建物の構造」について、最も強いと言われる「免震構造」を中心に内容やコスト面などをまとめてみたいと思います。

「免震構造」とその他の構造の違いは?

「免震構造」とは建物と基礎の間に免震装置を入れることによって、地震の揺れができるだけ建物に伝わらないようにするための構造です。免震装置は鉄板とゴム板を交互に張り合わせた積層ゴムやローラーなどからできており、地震の揺れを足元で吸収してくれるように設計されています。

「耐震構造」に比べ地震の力を約50〜80%カットできると言われており、最近ではマンションなどでの採用が増えているそうです。

それに対し「制震構造」は、建物の壁や柱などにダンパーなどの制振装置を組み込んだ構造のことを言います。「耐震構造」に比べ地震の揺れを約20〜30%減らすことが可能だと言われています。主に超高層ビルなどに使用されるそうです。

3つめの「耐震構造」は筋交いなどの骨組み自体を強く頑丈な状態にし、地震の揺れを受け止めて耐えるように補強している構造です。新耐震基準以降は、すべての住宅に施すことが義務付けられています。免震や制震に比べると、強度は低くなるようです。

各構造システムにかかるコストの違いは?

コストが最もかかるのが「免震構造」です。建物の規模にもよりますが、新築住宅にシステムを施すとなれば、おおむね建坪に換算し約15〜20万円、構造全体で約400〜500万円かかると言われています。

建築済みの戸建て住宅に「免震構造」を施行し直すというのは作業的にも大変でコストもとてもかかり、現実的とは言えません。もともと免震構造が施してあるのであれば、購入できる可能性もあります。価格は通常の耐震構造住宅よりも高くなるでしょう。

また、工事未着工の新築であれば、追加で免震構造システムを導入することも考えられます。費用はかかりますが、地震から家族の命や大事な家具などを守るための保険料・安心料と思えるのであれば、検討の余地もあるのではないでしょうか。

まとめ

性能表示制度の中の耐震性に関しても、「免震構造」は最も高い「耐震等級3」にランクされています。これは「耐震構造」が耐えることのできるレベルの、1.5倍の地震力に対して倒壊や損傷しないということに値するそうです。

ただし家の購入に関しては、それぞれの家庭事情により何にどれだけコストをかけることを重視するのかが違ってくるのではないかと思います。もし地震に対する安全性を優先したいのであれば、まずは建物の種類や規模などをもとに専門家に構造面の相談をしたうえで購入を検討するといいでしょう。



-購入

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.