購入

「警備会社や建物構造などのセキュリティ」はマンションと一戸建てとどう違う?

更新日:

分譲マンションや一戸建て住宅の購入を考える際に気になることの一つに、「セキュリティ態勢」があるのではないでしょうか。

分譲マンションの場合「オートロック」防犯設備はもちろんのこと、警備会社によるセキュリティ態勢の構築も整えられているところがほとんどです。最新のマンションであれば、逆にオートロックさえも整っていないようなところは見つけにくいほど。

では「一戸建て住宅」の場合はどうでしょうか。一昔前の戸建てであれば、売買契約した後に必要と判断すれば独自で警備会社との警備契約を取り交わす、というのが主流だったように思います。

しかしそれは、どうも「過去の話」になってきているようです。進化を遂げた一戸建て住宅でのセキュリティ態勢について、事例をもとに検証してみたいと思います。

「街づくり」という視点からセキュリティ態勢を考える

最近の一戸建て住宅では、窓や玄関の防犯設備がどんどん進化しています。玄関ドアに関しては2ロック型が当たり前になり、窓には防犯フィルム・シャッター雨戸がつけられています。警備会社との防犯契約も、ほとんどの場合は当然の概念となりつつあるようです。

一戸建て住宅の防犯面を強化する方策としてもう一歩前進させたのが、「セキュリティに配慮している住宅街」という概念。分譲する際に一つの売りとしたいわけです。

例えば、住宅街にある道路については「通り抜け禁止」となるような設計にします。無関係の車が入れないようにすれば交通事故が減るし、不審者も目立つので犯罪防止にも役立つ効果も生まれるのです。

マンション全体でセキュリティ態勢を構築するのであれば、必然的に一戸建て住宅も街全体でセキュリティ態勢を整えましょう、という対抗策を打ち立てる必要性が出てきます。

「警備員の巡回パトロール」を取り入れる徹底策も!

販売棟数も多い建売住宅地では警備会社とセキュリティ契約を結び、当初から各棟の玄関や窓に防犯センサーを設置する物件も増えつつあります。中にはオプションとして、警備員が一日に何度か巡回パトロールをおこなうサービスも並行して契約できるものもあるのだとか。

住宅地は人通りがあまり多くないので、このように警備員が常時巡回してくれると安心感はかなり強いのではないでしょうか。このようなセキュリティサービスを受けるには、やはりそれ相応の費用もかかってきます。住宅地の規模や警備会社によって違いがあるとは思いますが、毎月5000円〜10000円程度を各家庭で負担するといった具合です。

マンションで言う「管理費」のような出費となるわけですが、「家族の安全」を守れるのであればそのくらいの支払いは構わない、と考えて巡回セキュリティ付きの一戸建て住宅を選ぶ人も増えているようです。

まとめ

ニュースで恐ろしい犯罪が流れるのを目の当たりにすると、自分たちの生活環境も他人事ではないとしみじみ感じてしまいます。個別でのセキュリティで対応策を考えるだけでなく、コミュニティ全体で防犯対策を講じることができれば、これほど心強いものはありません。

マンションだけでなく一戸建て住宅を購入する際にも、できるだけ警備会社が絡んでいる最新のセキュリティサービスを受けることができるところを選択肢に入れたいところです。



-購入

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.