購入

キッズスペースが確保しやすい物件の部屋配置とは?

更新日:

「もうすぐ赤ちゃんが生まれるから小さな子供がいても安心できる家に住みたい!」「すでに小さな子供が多くて家の中が散らかって大変!」というご家庭は多いはず。そのようなご家族のお父さんやお母さんが求めるのは、「キッズスペース」を作ることができる部屋の配置が可能な物件なのではないでしょうか。

赤ちゃんがいるご家庭で特に気をつけたいのが、「危険な場所や物に近づいてしまう」ことでしょう。暖房器具やキッチンなど、生活には欠かすことができないけど危険な場所や物に注意しておかなければいけません。

また、遊びに熱中し過ぎる子供がいると、とにかくオモチャで部屋が散らかってしまうのも悩みもの。来客があったり気分的に落ち着いた時間を確保したいときなど、子供のオモチャが散乱しているとストレスがたまってしまいます。

そのような場面でも安心してキッズスペースを作ることができる物件例を考えてみましたので、ぜひ小さな子供がいるご家族の新居探しにお役立てください!

大きなリビングがあればスペースを仕切ることができる!

部屋数が最低限で大丈夫なのであれば、「大きなリビング」が配置してある物件がおすすめです。できれば食事スペースとなるダイニングが余裕ある広さであれば、なお理想的。

大きなリビングには寛ぐためのソファを置くことが多いと思います。そのソファを、キッズスペースの仕切りに使うととても便利です。

リビングの片隅に2畳ほどのスペースを確保し、そばに長めのソファや棚などを置きます。大人がソファに座って監視することもできるし、お母さんがキッチンで作業していても子供の様子を見やすい位置にしておけば安心です。

ソファや棚を置くことが難しいのであれば、簡易の「柵」を置くことも有効。プラスチック製の安全な造りのものであれば安心です。大きなリビングは小さな子供がいるときにキッズスペースとして、子供が成長した後はご家族の広々とした寛ぎのスペースとして有効利用でき、とても便利な空間だと言えます。

リビングのそばに小さな「続き間」があればキッズスペースに早変わり!

もしも大きなリビングが無い場合、もう一つの方法があります。リビングや生活のメインとなる部屋のすぐ隣に「続き間」がある配置です。「続き間」とは、部屋と部屋との仕切りが壁の状態になっているのではなく、障子や襖のような「可動式の仕切り」で分けられている箇所のことを言います。

仕切りが可動式なので、必要であれば仕切り自体を取り外すこともできます。取り外してしまえば、それこそ大きな部屋に早変わりです。

小さな子供が3人以上いらっしゃる子沢山家族には、こちらの配置の方が便利かもしれません。リビングの一角だけでは、スペース的に物足りなさを感じてしまうかもしれないからです。

キッズスペースをつくるのは、リビングの一角を利用するときと同じ要領でおこないます。大きなソファや棚などが配置しにくいのであれば、簡易で安全な柵などを準備すると良いでしょう。

まとめ

キッズスペースを設けようとすれば、やはり広めのスペースか多めの部屋数が必要になります。子供が大きくなってからも有効利用できるような物件が望ましいでしょう。

ただ一つ注意が必要なのは、「親の目が届きにくい場所」にキッズスペースを設けないようにすることです。

例えば2階建ての物件を購入して、2階のフリースペースをキッズスペースとして利用したりすると、目が行き届きにくくなり大変危険です。その場合は、親の生活メインも2階にできるように考慮しないといけません。キッズスペースを考える際は、「使いやすさ」と「安全面」を念頭に購入物件を検討するようにしましょう。



-購入

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.