引越し

引越しでの作業員配置どう決められる? 見積もり時の判断だけでない3つの要素

更新日:

作業員配置人数に違いがあるのはなぜなの?

「できれば作業員を数多く配置してもらいたい。その方が早く終わるし、丁寧な作業が期待できるから」ですが引越し業者もアルバイト一人につき一日いくらという給料を払っているので、必要最低限の作業員しか配置しないのが現状です。

引越し後の口コミを見ていると多くの人が感じることですが、同じ規模の引越しでも3人のところ5人来てくれたり、逆に1人しか来なかったりということもあるようです。
引っ越しの作業員配置はどのようにして決められるのでしょうか?3つの要素があるようです。

見積り時にある程度決定

最初に人員配置人数の目安となるのは見積り営業員の判断です。
荷物の量、運び出しのしやすさ、大きな荷物がどれほどあるかなどを考慮し、3、4人とか5,6人とかある程度の目安を出します。

これは人員配置の係りの人に渡され、営業マンが出した提案に基づいて各現場のの人員配置を行なっていきます。しかし営業マンが提案を出された人数がそのまま配置人数となるわけではありません。
ですから通常見積りの営業マンは、引越し当日何人の作業員が配置されるのかを明言しないか、

○人から○人くらいになると思いますとぼかして言うことになります。

業者の都合

繁忙期だと業者も一つの現場に作業員をあまり配置できません。本来5人が理想的というところに3人と割り振ることもあります。
その逆に繁忙期でないと、5人のところ7人配置してくれるときもあるようです。つまり見積り時の営業マンの提案を元に、業者の都合で作業員の数が増減するということです。

作業員すべてが現場を任せられるわけではありませんし、すべての作業員が同じ仕事量をこなせるわけではありません。業者としては5人分の仕事でもベテラン3人遣わせばいけると判断することもありますし、このチームは一人以外はみんなアルバイトだから大目に割り振らないとと判断することもあります。

当日の突発事情

引越し業界につき物ですが、作業員の当日キャンセルというのがあります。自分が作業員アルバイトだと想像すれば分かることですが、朝起きて体調が悪い日に一日肉体労働ができるでしょうか?
本来5人のチームだったけれども1人風邪でキャンセルで4人などはよくあることです。引越しは肉体を酷使する仕事なので、体調管理も他の仕事よりも簡単ではないのです。インフルエンザがはやっている時期などはとくに欠員が出やすいようです。

当日何人配置されるかは当たり外れ

上記のような事情で作業員の配置は決められます。つまり見積り提案時の作業員の数はちょうどいい数なのでしょうが、さまざまな要因で多くなったり少なくなったりするのです。ベテランがたくさんいたり、多くの人員を割り振ってくれたらラッキー、少なければ何かの事情でこれだけしかこれなかったのだろうと思いましょう。しかし時間的に何時までには引越しを終わらせたいということもあるでしょう。通常人数よりも少ない場合、そのことを引越しのチームリーダーに伝えるといいかもしれません。応援作業員が駆けつけてくれることもあります。



-引越し

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.