引越し

引越し時の鍵交換費用誰が払うか?家主・前入居者・新入居者?

投稿日:

鍵交換は誰の責任?

賃貸入れ替わりの際の鍵交換は誰が費用を負担するのでしょうか?
大家負担なのでしょうか、前入居者が退去時に払うのでしょうか、はたまた新入居者が払うのでしょうか?

この問題は難しく、日本の不動産も意見が統一していないのが現状です。しかし日本政府の指針と最近の傾向というものがあります。
不動産に鍵交換費用の二重取りされないためにもだれが負担すべきなのか確認しましょう。

賃貸物件の鍵交換-日本政府の方針

国土交通省に賃貸物件のトラブルを避けるための「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という書類を用意しています。
これが賃貸物件の鍵交換に関する日本政府の方針ということになるでしょう。そこには鍵交換について「入居者の入れ替わりによる物件管理上の問題であり、賃貸人の負担とすることが妥当と考えられる」と記されています。つまり賃貸人とは大家のことです。
つまり大家さんが新しい鍵に変えないといけないというわけですが、これは法律ではなく、ガイドラインなので拘束力はありません。

 

鍵交換に関する現状

不動産屋からすると自分たちより立場が上の大家(賃貸人)からお金を取るより、入居者(賃借人)からのほうがお金を取りやすいというのもあり、実際は大家さんが払うケースは多くありません。

では前入居者と新入居者のどちらが払うケースが多いのでしょうか?これから鍵を交換して安全を得るのは新入居者なので現状は新入居者が払うケースが多いようです。賃貸契約を結ぶときに、それとなく"鍵交換は入居者負担"と書かれている契約書にサインさせられているケースもあります。
その上退去時の敷金計算のときにちゃっかり鍵交換費用としてお金を取っているケースもあります。敷金計算に含まれていた場合は、二重取りされないために自分が入居した際に鍵交換費用を取られていたか確認するといいでしょう。

 

鍵交換費用-損しないためには

まずは賃貸契約書を交わす段階で鍵交換に関する記述を確認する必要があるでしょう。
不動産側の規定の書式に既に入居者側の負担と書いてある場合もあるでしょうが、そのときは「鍵交換は大家側で行なってくれるという国土交通省のガイドラインがありますので、大家側で入居前に交換していただきたいです。」と言ってみた方がいいでしょう。

不動産も大家も入居してほしいと感じているときはあっさり大家に連絡を入れてOKとなり、本来負担する必要のない鍵交換費用を負担せずに済みます。
ただし人気の高い物件の場合は、小難しいことを言うお客さんとの契約を見送っても数日後にすぐ別の新しい入居者が見つかります。
ですから上記のように行ってみても大家も払おうとしない場合は、入居者として鍵代金を払うか契約を見送るかを選ぶことになります。

▶ 鍵交換は基本自分ではできない
たとえ鍵を入居者負担で交換することになった場合でも、賃貸物件での鍵というのは基本自分で交換してはいけません。
なぜならば火事などの緊急時に備えて不動産側も一本鍵を持っておく必要があるからです。
不動産が提示する交換費用が少々高いと感じることもあるかもしれませんが、通常入居者負担で同意した以上、不動産側が言われた金額を払う必要があります。

通常1万2000円から2万円が相場のようです。

鍵の種類についても事前に不動産側と相談し安全性の高いものを不動産に費用を払い交換してもらう必要があるでしょう。



-引越し

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.