引越し

引越し前に段取りチェック!意外と漏れることがある確認事項

更新日:

引越しでやるべきことの抜け落ちを防ぐには

引越し前はやることだらけ、家の契約のみならず、役所への届出、公共機関への届出、子どももいるなら学校移転手続きなどどれも重要な仕事ばかり、やるべきことが多すぎてついつい「あ、これ忘れてた」ということも多いはずです。

今回は引越しで重要な段取りのつけ方、そして引越しのときに抜けがちな処理事項としてどんなものがあるのか考えていきたいと思います。

 

引越し時の段取りのつけ方

段取りの基本は簡単なチェックリストを作ることから始まります。頭の中だけで整理しようとすると抜けが出るでしょう。簡単なチェックリストの作り方ですが、二通りあります。

 

  • 項目ごとのチェックリストを作る
  • 時間ごとにチェックリストを作る
  • もともと段取りができる人は項目ごとにチェックリストを作るほうが全体が掴みやすいでしょう。もともと忘れっぽい人は時間ごとにつけることもできます。

     

    項目ごとのチェックリスト

    「家移転手続き」という項目を作り、大家、不動産の連絡など家移転に伴う段取りを記していきます。

    抜けがちな項目として新居でのあいさつ回りのお土産準備などがあります。
    「公共機関など」の項目を作り、電気、水道、ガスの公共機関に加え、電話、NHK、クレジット会社への連絡など生活にまつわる連絡先を記していきます。
    「家財」という項目も必要です。

    何を捨てて何を購入する必要があるでしょうか?できればチェックしておきたいのが新しいおうちの寸法と設計です。引っ越してから感覚で荷物を置いていくよりも、事前に間取りの大きさを測っておき家財を置いていくのが無駄な買い物をしないコツとなります。

    忘れがちな点ですがカーテンは高さが違うので予め測って準備しておくと引越し一日目からプライベートを保てます。ガスも天然ガスかプロパンかを確認しておくと、買い替えが必要か確認できます。
    「役所関係」という項目には、転出転居届けの確認だけでなく、健康保険や年金、原付バイクのナンバープレートの処理もチェック項目に入れます。「仕事関係」「学校関係」という項目には仕事場や学校で必要な移転手続き書類のチェックをします。
    「引越し業者」という項目も必要で、引越し予定日付から前倒しでいつ予約を取る必要があるのか、荷造り段取りを記します。

     

    時間ごとのチェックリスト

    もともと忘れがちな人は時間ごとにチェックリストを作るのも有効です。

    引越し「1ヶ月前」に現在の家の退去連絡、引越し会社を決定、新聞や牛乳など定期購入物の契約解除手続き。
    「2週間前」に公共機関やNTT、インターネット、保険会社など各社への転居連絡、粗大ごみ手配、「前日」に会社、ご近所などの挨拶。
    郵便局への転送依頼。「当日」に役所手続き、新居あいさつ回り。「引越し後」に運転免許書住所切り替え、車のナンバープレート変更の手続きなどと記していくのです。

    段取りチェック用意する効果

    これらのチェック表は手書きの雑なものでもかまいません。エクセル形式の表つくり、右列「項目」、縦列に時間を記し、立体的にチェックする人もいるようです。生活の途中で思い出したことをつど表に書いていくならばうっかりはなくなるでしょう。いったん書いてしまったものは頭で忘れてしまってもすぐ思い起こせるからです。



    -引越し

    Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.