引越し

引越しのキャンセル入れ方 相手を納得させる殺し文句

更新日:

引越しのキャンセルにはコツがある

訪問見積もりを出してもらったんだけど、断りにくいなぁと感じる人は多くいます。実際訪問見積もりの方もプロなので、あの手この手で断りにくい雰囲気を出してくるでしょう。

引越しのキャンセル、これは確かに気を使うものですが、コツさえ知っておけば簡単なキャンセルできてしまえます。コツは営業マンの顔を立てて断てて、上手な理由をつけることです。
何社かに見積もりを取ってもらい選んだところ以外にキャンセルを入れる場合と、実際に引越し契約を結んだもののキャンセルを入れたい場合の2通り考えて見ましょう。

 

複数社見積り後、選んだ一社以外をお断りする時

複数社に訪問見積もりを出してもらった後、選んだ1社以外にはキャンセルの電話をかける必要があります。もうそこには頼まないんだから放っておけばいいという考え方の人もいるかもしれませんが、これは問題を大きくします。

なぜなら訪問見積もりをしてもらって引っ越し予定日付を伝えた以上、業者はトラックを抑えています。こちらから連絡をしない限り必ず営業マンのほうから連絡が来ます。それから断るのは決まりが悪いでしょう。
よってキャンセルが決まったと同時に早めに連絡するのが営業マンの顔を立てることになります。断り方は2種類あります。

1つはそのまま理由を伝える方法で、実は一番誠実な方法です。
「先日はわざわざお越しいただき見積もりを出してもらってありがとうございました。非常に申し訳ないのですが、今回はキャンセルさせていただきます」と述べればいいでしょう。

必ずなぜ当社ではなかったのかと聞いてきますので引越しの価格のときはそのことを伝えてもいいでしょう。
「ならうちはもう少し勉強させてもらって…」と切り出してくることは良くあります。

実は値下げ交渉というのは見積もりのときにするのではなく、断りの電話を入れるときのほうが効果的です。

何と言われても断るつもりでいるなら、営業マンに先ほどの内容のメールを送るという方法もあります。

メールを送ると営業マンから連絡がきますが、一切受ける必要はありません。
最後の方法は会社の代表の電話番号に電話を入れるという方法です。

「○月○日に訪問見積もりをしてもらった○○というものですが、今回はキャンセルさせていただきます。営業マンの方は感じが良くて説明も分かりやすかったのですが、主人が他社を選んだので。」
という感じで営業マンをほめつつも他に理由をつけて断るのが円満解決の方法です。

 
▶ 問題となるダンボールの処理

見積り時にダンボールを置いて帰る。これは営業マンのキャンセルしにくくする常套手段です。断るとそのダンボールを返却するか買い取るかなど処理しないといけないからです。契約もしてないのですから、そのダンボールは会社のもので捨てるわけにも行かないのです。よって見積り時にはダンボールをもらわないが原則となります。

「主人からダンボールはもらうなと言われてますから」と人のせいにするのが賢明な方法です。では実際にもらってしまっている場合はどうでしょうか。
選んだ引越し業者に他社のダンボール返却で困っていると相談してみるのはいいでしょう。代わりに返却してくれることもあります。

 

既に引越し契約をしたところにキャンセルを入れるには

既に納得した上で引越し契約をし、トラックを押さえてもらったのにキャンセルを入れたい場合はどうでしょうか?方法は先ほどとほぼ同じです。
「○月○日に引越しの予約を入れていた○○ですけど、引越し自体がなくなったのでキャンセルをお願いしたいのですが…」と言うのが無難です。

本当は他社のほうが安かったから契約後でも乗り換えたいという場合でも、契約を結んでいたのに他社を選ぶのは本来マナー違反なので、引越し自体がなくなったというのが最も簡単な断り方です。

仮に違約金が発生すると言われたとしても通常心配はありません。

国土交通省が決めた標準引越運送約款では、キャンセルに費用が発生するのは前日が引越料金の10%以内で、当日でも引越料金の20%以内と定められているからです。つまり引っ越し予定日前々日以前なら契約をしていても法律上キャンセル料は掛かりません。



-引越し

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.