引越し

引越し作業員へのチップ 本来いらないが渡すなら思わぬこんな効果が…

更新日:

日本社会にチップはいらない しかし気持ちがあるなら渡そう

引越し業者へのチップを渡す必要があるのかないのか?日本において作業員の報酬はすべて見積り価格に含まれているためチップはいりません。

ですから節約したいのに単なる義務感で渡す必要があるだろうかと悩んでいる人は、渡さないのがいいでしょう。

引越し作業員からすると、既に何件もの引越を行なってきてもらえないのが当たり前で慣れているのです。しかし本来渡さなくていいチップ。これを渡すと思わぬ効果があるのを知っておられるでしょうか?

 

チップはどう渡す?

チップは現金、もしくは飲み物を振舞う形で払います。飲み物なら作業が一段落したとき、現金なら最初に業者が家にきて挨拶をしたときに渡します。

チップは「忙しいとこ来てくれてありがとう。重い荷物もあるから大変だろうけどよろしく頼むね」という感じで、作業員すべてに個別に渡すのがいいでしょう。現金を渡すときは500円~3000円くらいが相場です。

のしぶくろを用意してもいいですが、作業員からすると渡した中身が重要なのでテッシュに包んで渡す程度いいでしょう。

 

チップの効果はどれほど?

小休憩の時に缶ジュースを差し入れる程度でもそれなりの効果が見込めます。作業員は「この人いい人だな。少なくとも俺たちのこと奴隷とは思ってないぞ」と感じるでしょう。

ちょっと運ぶのがめんどくさいものでも「悪いねぇ」と言えば、ニコッと笑って「いいっすよ」と快く運んでくれる程度の効果はあります。ではお金を包むとどんな効果があるでしょうか? 訪問一番、1000円札一枚、取っ払いでもらう効果は絶大です。作業員は「テンション上がったー」となるでしょう。恐らく不平不満0で行なってくれるようになります。

めんどくさい荷物の運び出し、運び入れもあれこれ知恵を絞って作業員にできる最高の仕事をしてくれるでしょう。

とくに効果を発揮するのはトラブル発生時です。もちろん故意にしてはいけませんが、予想外の運ばなくてはいけない荷物が出てきたり、見積り時では分からなかった運搬上の問題が発生するときがあります。チップはそうしたときに大きな効果を生み、引越チームとしてどうにかしようと思ってくれます。

チップがないとそのままトラブルなるかもしれませんが、チップを渡せば作業員たちは余計な仕事だったなと思いますが、「でもチップもらっちゃたからな」とすべて苦労を忘れ、気持ちよく次の現場に向かってもらえます。誰もが仕事には報われたと感じる瞬間が必要というのは分かることでしょう。引越しは確かに重労働です。自分がチップを弾むことによって、作業員たちが報われたと実感してほしいのであればチップに価値はあるでしょう。

 
▶ チップはリーダーにまとめて渡してはいけない

時々「これ、あとでみんなで均等にわけて」といって引っ越しリーダーにまとまったお金を渡すことがありますが、これで効果があるのはリーダーだけです。ほとんどのケースでそのお金はすべてリーダーのポケットに入ります。リーダーはキビキビと指示を出すのようにはなるでしょうが、実際に引越作業をしてくれるのは作業員たちです。チップは作業員、リーダーを問わずみんなに一人一人に渡すのがいいでしょう。



-引越し

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.