引越し

【要チェック】引越しの時必要な5つの連絡先 いつ連絡すべき?

更新日:

ついつい忘れがちな引越しに伴う連絡

引越しの際についつい忘れてしまうのが方々への連絡、引越しも終わって連絡忘れてたというときには既に大きな問題となっていることも少なくありません。
引越しに際し、誰に何をいつ連絡する必要があるのでしょうか?連絡漏れがないようにまとめて見ましょう。

 

不動産業者と大家への連絡

最低でも1ヶ月前に不動産業者と大家へ連絡する必要があります。一ヶ月前に連絡することによって不動産も大家も次の入居者の募集をかけることができます。
もしこの連絡が遅れると契約書に基づいてもう一か月分の家賃を払わされることになるので注意が必要でしょう。
連絡方法は通常電話でもいいのですが、書面でないと証拠になりにくいので、契約書を見てどのように連絡するのか確認するとよいでしょう。

 

公共料金各社への連絡

電力会社、水道会社、ガス会社の3社への連絡をできれば2週間前、少なくとも引越し前日にはする必要があります。
連絡方法は直接電話が簡単ですが、FAXや各社サイトから行うこともできます。引越し当日にメーターを見てもらい精算するのですが、退去の届出の際に精算方法と引越し先住所などを連絡することになります。
これはよくある間違いですが、引越し先住所を伝えたので転居先での申し込みは不要と考える人もいますがそうではありません。

引越し先でも水道と電気はすぐにでも使えるのでよく間違えるようです。
公共料金各社の同じ管轄地域内なら引越し先での新規申し込みも同時に受け付けてくれますが、通常は引越し先での申し込みは別途行なう必要があります。

 

役所への連絡

今まで住んでいた市町村役場と引越し先への市町村役場への連絡が必要です。両役場では転入出届けだけでなく、同時に国民健康保険と国民年金の手続きが必要になります。実印登録している印鑑があるならその廃止手続きも必要でしょう。

役所へは原則引越し当日に手続きします。引越し後14日以内でも可能となっています。

しかし引越し先が遠い場合、引越し先だけで手続きをして役所間で連絡を取ってもらったりしてもらえるケースもあるようです。役所にもよりますが「○月○日にどこどこへ引越し予定です」と転出届を前倒しで行なってくれるところもあるようです。
最後に忘れていはいけないのは原付自転車のナンバープレートも引越しの際に役所へ返却し、廃車証明書を受理しなくてはいけません。

 

通信系各社への連絡

固定電話の廃止、インターネットプロバイダへの連絡が必要になります。引越しの2週間前くらいにするのが理想的でしょう。
引越し先を伝えれば転居先でもスムーズに通信手段が利用できます。NHK受信契約をしている場合にはNHKへの連絡も必要となります。

 

その他生活上の連絡

引越しの時には粗大ごみが出ますので、処分業者への連絡が必要になります。郵便局へも転居届けを出すとスムーズに1年間無料で郵便物の転送をしてもらえます。新聞を取っている場合には新聞販売店へ。クレジット会社、保険会社への住所変更連絡も必要です。そして忘れてはならないのはご近所への挨拶です。これらの生活上の連絡は日付には決まりはありませんが、引越し1週間以内に行なうとスムーズでしょう。

 

チェックリストを作る

複雑な引越し上での事務手続きを抜かりなく行なうには上記連絡先に連絡したかを確認するチェックリストを作ると役立つようです。
チェックリストに基づいて一つずつ連絡を終わらせていけば、新しい生活をいち早く落ち着かせることができます。



-引越し

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.