インテリア

気持ち良く寝られるベッドの大きさをチェックしよう!

更新日:

・部屋のサイズを取るか、快適な睡眠を取るか

日々の疲れを癒すベッド。

快適な睡眠を得るためには最適なものを選ぶ必要があります。

そこで今回は気持ち良く使えるベッドの大きさについて紹介していきます。

1人用ベッドの場合

ほとんどの方は「シングルサイズ」を選んでいると思います。

もちろん十分ゆったりと眠れますが、寝相が悪いと落ちそうになったりすることも。

なので部屋の大きさにもよりますが「セミダブル」も検討してみましょう。

シングルは横幅97~100cmなのですが、セミダブルは120cmとゆったり。たったの23cmの違いですが、実際に横になってみると驚く程広く感じられるものです。

また狭いですが、セミダブルなら頑張れば2人で寝ることもできます(あまりオススメできませんが…)。

2人用ベッドの場合

一般的に2人で寝るときは「ダブル」を選びがちです。
確かに悪くはないのですが、余裕がほとんどなくなってしまいます。

ダブルのサイズは140cmが一般的。1人あたりの横幅を65cmとすると、2人で横になると10cmしか余裕がありません。

2人とも小柄、など特殊な状況で無いなら、窮屈ですね。寝返りの度に起きてしまう…といった事態も考えられます。

部屋に余裕があるなら「クイーン」がオススメです。

こちらは80cm×2:160cmの横幅があります。なので2人で寝ても30cmほど余裕が出来ます。これなら寝返りも安心して打てますね!

さらに余裕を持たせたいなら「キング」も検討してみましょう。こちらは90cm×2:180cmとゆったり広々。2人で寝ても50cm余裕が出来ます。

夫婦+子ども1人でもOK!

子どもと3人で使う場合

子どもと夫婦、3人川の字で寝る場合は上記した「キング」が一般的です。

しかし子どもがちょっと大きくなってくると狭く感じられることもしばしば。

それなら「シングル×2(97cm×2:約200cm)」「セミダブル×2(120cm×2:240cm)」の運用も検討してみましょう。

背が高い方はロングサイズを

ベッドには色々な大きさがありますが、基本的に横幅に違いがあるだけで、縦幅は同じなことが多いです。大体195cm。

しかし背が高い方だと195cmでは窮屈に感じられることもありますよね。

思いっきり伸びができなかったり、寝返りを打つうちにベッドの天井に頭をぶつけたり…なんてことも。

そんな方は「長さ207cmのロングサイズ」のベッドを選んでみてはいかがでしょうか。商品は少ないですが、探せば必ず見つかります。



-インテリア

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.