インテリア

おしゃれな部屋にするためのポイント・生活環ゼロのインテリアコーデ5つのコツを紹介

更新日:

 

床に余計なものを置かないこと

部屋をおしゃれにしたいけれども、なんとなくイメージ通りにならないという悩みを抱いている人もいるでしょう。

なぜオシャレにならないか、それは生活感がどこかににじみ出ているからです。生活感をいかになくすかが、オシャレな部屋にするためのポイントです。最初のポイントですが、床に余計なものを置かないように心がけることです。

けっこう部屋を見てみると、いろいろなものが床に散らかっているケースが多いです。

洋服やタオルを使いっぱなしにしている、リモコンやスマホを床に放り出している、本や雑誌を置きっぱなしにしているといったことはありませんか?これだけでも生活感は出てきてしまいます。そこでできるだけ使ったものはもともとあったところにしまうという癖をつけるように徹底しましょう。

フローリングの床にラグを敷いている人もいるでしょう。ラグを敷くこと自体は問題ないですが、床一杯に敷いているのはNGです。部屋を狭く見せてしまいます。

ラグを小さめにすることでスッキリしますし、座るところを決められるメリットもあります。

 

テーブルに物を置かない

物を置かないようにするのは床に限ったことではなく、テーブルにも置かないように心がけることが大事です。テーブルがごちゃごちゃした感じになっていると、どうしても汚らしい部屋に見えますし、生活感も出てくたびれた印象になりがちです。
テーブルに置かれているリモコンや新聞などを片付けてみましょう。

テーブルをスッキリさせるだけでも、部屋の印象はアップするはずです。収納機能のついているテーブルもありますので、しまう場所がないときにはこのようなテーブルを導入してみると良いでしょう。

広くスッキリしたテーブルの上に観葉植物や花などを飾ってみると、オシャレ度はさらにアップします。

 

小物を収納するスペースを確保する

3つ目のポイントは、収納スペースの確保です。その中でもポイントになるのが、財布や携帯電話、手帳、キーケースなどの常に持ち歩くものの収納場所を確保することです。

このような小物をテーブルの上や床に放り出してしまうと、先ほど2つのポイントが満たせません。帰宅したらこれらの小物を決められた場所にしまう習慣をつけましょう。

現代の生活で欠かせないのが家電ですが、家電のコードがごちゃごちゃしているとどうしても生活感が出てしまいます。

そこでボックスなどを準備して、その中にコードをしまいましょう。そうすれば生活感のないスッキリしたスペースになるはずです。

掃除をする時にもスムーズに作業できるメリットもあります。

 

ベッドメイキングの癖をつけること

ベッドを使っている人の中で、朝起きたらそのままにしている方はいませんか?ベッドがごちゃごちゃとしていると、生活感はどうしても出てきます。

そこで朝起きたら、ベッドメイキングをしておきましょう。掛布団や枕を元の位置に戻すだけでも、きれいな印象になるはずです。

布団で眠っている人もいるでしょうが、出しっぱなしにしないことが大事です。布団を使わない時には畳んで押し入れにしまうように心がけることです。

 

ブックカバーをつける

本を購入して本棚に飾っている人もいるでしょう。本のカバーは色もデザインもまちまちなので、いろいろな書籍が飾ってあるとごちゃごちゃして生活感が出てきてしまいます。
そこで本にはブックカバーをつけて、本棚に収納するように心がけましょう。

書籍の表紙に記載されている日本語は、私たちにとって一目で意味が分かってしまうのでいやでも目が行ってしまいます。

そうすると部屋がうるさい印象になってしまうので、目隠しすることが大事です。

以上のことに注意して、モデルルームのような部屋を作りましょう。



-インテリア

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.