インテリア

夏を爽やかで涼しく過ごす!マリンアイテムをインテリアに取り入れてみよう

更新日:

 

マリンアイテムでさわやかに夏を過ごそう

最近の日本の夏は厳しい暑さになることがしばしばです。

35度の猛暑日を記録するのは日本各地で当たり前になりつつあります。中には最高気温40度を記録することもあります。

厳しい暑さで毎日ぐったり、でもクーラーをつけると逆に肌寒いと悩んでいる人もいるでしょう。

そのような人におすすめしたいインテリアコーデとして、マリンアイテムがあります。
海を感じさせるアイテムを部屋の中に取り入れることで、リゾート地に来たかのような錯覚を覚えられます。
さわやかな海のテイストを取り入れて、厳しい暑さも涼やかに乗り切ってみませんか?

マリンアイテムは梅雨時から取り入れてみるのがおすすめです。梅雨に入ると毎日どんより曇り空で、窓越しに外を見ているだけでも気分が沈む人もいるでしょう。

そこで部屋の中にマリンアイテムを取り入れてみましょう。そうすれば、夏に向けて部屋の中だけでも気分がわくわくテンションも上がってくるはずです。

 

カラーを統一することで部屋をまとめる

マリンアイテムを取り入れるといっても、どんなふうに導入すればいいのかわからないという人もいるでしょう。マリンアイテムを取り入れるにあたって、まずカラーを統一してみることです。

マリンといえば海を想像させるブルーと白い砂浜をイメージさせるホワイトのツーカラーが基本です。
ブルー&ホワイトのアイテムでインテリアを統一させてみましょう。

特に大きなインテリアをブルー&ホワイトのマリンアイテムでまとめることが大事です。具体的にはソファーやベッド、できれば壁紙をマリンカラーのものを貼り付けるのもおすすめです。これらのアイテムをマリンカラーで統一すると、南国リゾート風のテイストが全面的に出てきます。

夏をイメージさせるコツとして、ブルー系のボーダー柄のアイテムを取り入れるのがおすすめです。たとえばベッドカバーやクッションカバーなどで、このようなブルー系のボーダーを取り入れると一気に夏色の感じに部屋が変身します。

 

海をイメージさせるインテリア雑貨を置いてみるのもおすすめ

それほど全面的にマリンテイストの部屋にしたくないけれども、ワンポイント海をイメージさせるものが欲しければ、雑貨をマリン系にしてみましょう。

海を想像させるアイテムとして欠かせないのは、やはり貝殻とガラス瓶でしょう。

それほど場所をとるアイテムではないので、洗面台とかシェルフの上にさりげなく貝殻やガラス瓶を持ってくるのはおすすめです。

壁に何もインテリアがなくて殺風景であれば、マリンアートを飾るだけでも海を感じさせてくれるでしょう。具体的には、海をモチーフにしたアート作品やポスターを持ってくるとか、海外旅行や海水浴に行った時に撮影した写真を額縁に入れて飾ってみるのもおすすめです。

その他には間接照明でマリンアイテムを取り入れてみるのも面白いでしょう。たとえばシェルランプとかキャンドルを入れるもので貝をイメージさせるようなアイテムが販売されています。
夏の寝苦しい夜にメインの照明を落として、シェルランプやキャンドルをつけると貝越しのほのかな明かりに包まれますので、暑くて気分が落ち込んだりイライラしたりしているときにいやしてもらえるはずです。

さりげなくマリンアイテムを取り入れてみたいと思っている人も多いでしょう。
その場合におすすめしたいのが、マットです。玄関やキッチン、バスルームなど置く場所もいろいろとあります。
マリンアイテムのマットですが、チェックしてみるといろいろとあります。

たとえばブルーとホワイトのボーダーも良いでしょうし、イカリマークのマットなどはなかなか一般家庭では見られないアイテムなのでオリジナル感が出てきます。



-インテリア

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.