インテリア

部屋のインテリアに欠かせないカーテン・選び方は3つのポイントにあり

更新日:

カーテンのサイズを決める

カーテンを購入する際には、窓の大きさを考えることが大事です。幅と高さ、両方を考えないと窓の大きさにマッチするカーテンは見つけられません。

まず幅についてですが、動かない固定されたフックが両端にあるはずなので、その間の長さを測ります。
そこから3~5%程度長めなものがベストと言われていますので、そのサイズにマッチするカーテンを購入することです。
カーテンの高さについてですが、床まで窓になっている場合、レールまでの高さから2㎝程度引いたものを選びましょう。

レールまでの高さと同じ・長いものだとカーテンが床についてしまいます。そうすると、見た目がどうしてもカッコ悪くなってしまいます。短すぎると逆に不恰好になってしまうので、レールまでの高さから1~2㎝程度差し引いたものをベースに探しましょう。

腰窓や出窓にカーテンを取り付けるのであれば、逆に垂らした方が良いでしょう。窓の高さから10~15㎝程度大きなものでも構いません。短いと機能性の部分でもマイナスです。

 

色のチョイスも重要

カーテンのサイズが決まったところで、では色をどうするかという話になるでしょう。カーテンはインテリアの中でもかなり大型になるので、どのカラーを選ぶかによって部屋全体の印象も変わってきます。

リビングのカーテンであれば、無難な色をベースで決めると良いでしょう。

リビングは多くの人が過ごす場所です。家族の場合、みんなのいることが多いでしょうし、来客があった場合にはリビングに通すのが一般的でしょう。このため、万人が違和感を持たないような色でまとめるのがおすすめです。

ホワイトやベージュ、淡いブラウンのような透明度があるとか、淡いトーンのカラーでまとめましょう。逆に原色系の派手な色味のものは避けた方が無難です。

カーテンのカラーを選ぶ場合、フローリングやラグのような床のカラーに合わせるのもセオリーの一つです。床は部屋の中でも面積が広いので、床とカーテンの色を同じ様な継投で合わせると部屋のまとまりが良くなります。

フローリングと似たようなトーンで、少し色味をつけると部屋の雰囲気を変えられます。たとえばオレンジ系のカーテンであれば、温かみのある部屋になります。

一方グリーン系のカーテンを持ってくると、落ち着いた印象の部屋に変身できます。

 

シーン別で考える

カーテン選びをするにあたって、シーンを考慮することも大事です。中には新築のマイホームに引っ越すにあたってのカーテンを購入したいと仮定します。
カーテンはインテリアの中でも大きく目立つので、目玉になるような商品を見つけましょう。

新生活のスタートにふさわしいカラーを選ぶことです。

トーン的には明るいもので、ポップな印象のカーテンにするとこれからの生活のわくわく感を演出できます。

また日当りのいい部屋であれば、遮光カーテンなど機能のことも考えた方が良いでしょう。せっかくの新生活だから、頑張ってオーダーメイドでぴったりくるようなカーテンを作るのもありです。

一人暮らしをするにあたって、カーテンを探しているという人もいるでしょう。

一人暮らしの場合、ワンルームのような狭い部屋が多いでしょうから、狭さを感じさせないデザインのカーテンを選ぶことが大事です。

そのためには、ホワイトをベースにして淡いトーンのカーテンを探すことが大事です。自分の好きな色のようなインスピレーションでチョイスすると、部屋の圧迫感が増すという残念な結果になってしまうこともあります。

ただしホワイトや薄いトーンのインテリアですべてまとめてしまうと、ぼんやりとした雰囲気に部屋になってしまいます。

その場合には、クッションなどの小物で明るいインパクトのあるカラーのあしらわれたものをチョイスしましょう。そうすれば良いアクセントになるはずです。



-インテリア

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.