インテリア

せまいランドリースペースを上手に活用する方法を公開

更新日:

洗濯機の上に棚を付けよう

ランドリースペースが狭いという人もいるでしょう。
狭いランドリースペースを有効活用するためには、洗濯機の上をどう活用するかがポイントになります。

結構洗濯機の上には何もなくて、デッドスペースになってしまっている部屋も多く見られます。ここに棚を取り付けてみると、収納スペースとして活用できます。

棚には洗濯機や洗面所関係のアイテムを置いておくと、取り出しやすくなるでしょう。たとえば洗剤とかタオルなどをディスプレイすると、より効率的に作業ができるはずです。

棚以外にも、ランドリーラックをセッティングできるのであれば、取り付けてみると良いでしょう。ランドリーラックはチープな印象のものが多いので取り入れるのは躊躇するという人もいるでしょう。

しかし例えば周りのアイテムをモノトーンで統一してみましょう。
そうするとしっくりまとまった感じになって、安価なランドリーラックでもシックでモダンな印象になります。

ランドリースペースのオシャレな画像もいろいろとインターネットでは紹介されていました。その中で木製のランドリーラックを使ったおしゃれな事例も見られました。

木製のランドリーラックを使うことで、ナチュラルな印象のランドリースペースとなるはずです。画像で紹介されていたスペースは、タオル収納の棚にレンガシートを貼り付けていて、良いアクセントになっていました。

 

バスケットやボックスを使ってみよう

ランドリースペースにタオルや洗剤を置いている家庭は多いでしょう
しかしタオルや洗剤がむき出しの状態になっていると、どうしても生活感が出てしまっておしゃれとは程遠い感じになってしまいます。

もし生活感をあまり出したくないのであれば、バスケットやボックスを準備してその中にタオルや洗剤を入れましょう。
そうすれば、生活感の強いアイテムが隠れるのでオシャレなランドリースペースにまとめられます。
バスケットやボックスは、100円ショップのような所でも販売されていますので手軽に購入できるでしょう。

100円ショップのものだとチープすぎるのでは、と思う人もいるでしょう。しかし容器の種類や色を統一すれば、オシャレですっきりまとまった感じになります。

一緒のバスケットやボックスで統一すると、どこに何が入っているかわからないという人もいるでしょう。
その場合には、何かワンポイントになるようなシールを貼り付けることです。シールの種類を変えることで、それが区別の目印になるでしょう。

 

カーテンで目隠ししてしまう

ランドリースペースのところに置いてあるものは、出し入れを頻繁に行うのでちょっと油断しているとどうしても散らかりやすいです。バスケットやボックスで最初のうちは収納していても、だんだん面倒になって散らかりがちです。そのような時に急な来客があると困ってしまうでしょう。

そんなときでも散らかりを隠すために、カーテンをランドリースペースに設置するのも一つの方法です。棚の高さに合わせたカーテンを設けて、来客があった時にはシャットカーテンを閉めてしまえばOKです。

またランドリースペースが廊下に面しているようなレイアウトの部屋もあるでしょう。
その場合にはランドリースペース全体をカバーできるようなカーテンを設置しても良いでしょう。ランドリースペース全体が見えないようにするのです。

カーテンは自分の好きなもの、どのようなスタイルのランドリースペースにした以下で決めれば良いでしょう。

もしオシャレで落ち着いたランドリースペースにしたければ、帆布製のカーテンがおすすめです。カフェの一角のような雰囲気にまとめられます。

帆布製のカーテンですが、ホームセンターなどで販売しているので手軽に購入できるでしょう。



-インテリア

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.