インテリア

8畳の部屋をおしゃれに魅せたい!インテリアコーデのちょっとしたテクニックを紹介

投稿日:

ロータイプのインテリアでまとめる

8畳の部屋で暮らすことになった場合、6畳一間と比較するとスペース的には余裕があるでしょう。

しかしそれでも、まだ十分なスペースとは言えないかもしれません。
ですからインテリアを工夫して、圧迫感のない部屋にすることが大事です。

まず狭い部屋にインテリアを入れる場合には、ロータイプのアイテムにまとめることが大事です。
上部の空間を開けることで、圧迫感があまり出てきません。

ソファーやテーブル、テレビボード、チェストといったものを低めのインテリアでコーディネートしてみましょう。
ソファーなどは足のないタイプもありますので、低いソファーを見つけましょう。

中にはインテリアが趣味で、デザイナーズ家具などにこだわりたいという人もいるでしょう。しかしそうなるとどうしてもインテリアのサイズが大きくなりやすいです。

その場合には、まずインテリアの数を絞ることです。その上で、空間をできるだけあけることが大事です。

特におすすめしたいレイアウトの方法として、角にインテリアを置かないようにすることです。角に大きなものを置いてしまうと、部屋の狭さを助長してしまうからです。もし大きな家具を部屋に置くのであれば、中央付近にまとめるのがおすすめです。

 
メインとなるものをはっきりと

8畳の部屋のインテリアコーデをする際には、まずその部屋をどんな感じにしたいか、コンセプトを明確にしましょう。そのコンセプトの下でインテリアのチョイスをすれば、部屋をまとめることができます。

たとえば「とにかく部屋の中ではリラックスできるようにしたい」と思う人もいるでしょう。その場合には、大きめのベッドをあえて部屋の中にしつらえるのもありです。そうすれば、体を大の字にして眠れ、安眠の場を獲得できるでしょう。

大きなベッドを入れるのであれば、他のアイテムはある程度妥協しましょう。たとえば壁伝いに少し物を置くだけで、極力ミニマムな暮らしを意識するなどです。

また大きなベッドを入れても、視覚的にはそれほど窮屈でない空間にすることも可能です。それは壁のラインに沿って、インテリアをそろえておくようにする方法です。
こうすると歯科医が意外と開けるので、実際の広さに割には広々と感じられます。

 

ミラー付きの家具をアレンジするのもおすすめ

収納家具の中には、扉のところがミラーになっているものも見られます。
このようなインテリアを8畳の部屋の中に持ってくるのもおすすめです。
8畳の部屋の場合、いかに部屋の窮屈さを出さないようにするかがポイントになります
。ミラーがついていると、光を反射させてくれます。またミラーの向こう側にも部屋が広がっているような錯覚を与えるので、実際よりも部屋が広く感じられます。

ミラー付きの収納家具の中に洋服を入れておけば、外出する前に衣服を身に着けて、その様子をすぐにミラーを使って確認できます。
多少収納家具が大きめのサイズでも、ミラーがついているとそんなに圧迫感は出ません。

 

正方形を意識する

部屋を広く見せるためのテクニックとして、部屋を正方形にまとめる方法もあります。
部屋のスペースを正方形にすると、中央にしっかりとした空間ができるので狭苦しさがなくなります。

部屋が正方形であればいうことないですが、もし正方形でない場合でもラグやソファーなどでうまく形状を調整しましょう。

部屋を広く見せるためには、アンバランスさをできるだけ失くすことが重要です。

8畳の部屋に引越しをする場合には、がらんとした部屋を見て、そんな感じの部屋にしたいか、大まかに想像してみましょう。

その上で、その部屋の雰囲気にするためにどんなインテリアが必要かを考えていけば、思い通りの空間が作れるはずです。



-インテリア

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.