住宅ローン

不動産を購入するなら住宅ローン控除でお得!今がマイホームを購入するチャンス!

更新日:

マイホームの購入は、人生の大きなターニングポイントです。
一生に一度の買物といってもよいので、いろいろと迷うことも出てくると思います。

そんななか、意外と知られていないのが住宅ローン控除です。

これを利用すれば、とてもお得に購入することができるようになるので、検討している人はぜひ知っておいてほしい制度です。

それでは、まずそのメリットや注意点などについて、詳しく説明していきましょう。

住宅ローン控除は控除額分がまるまる手元に戻ってくる

住宅ローン控除は、正式名称を「住宅借入金等特別控除」といいます。
毎年12月末時点でのローン残高の1%分を、最大額40万円まで控除を受けることができる制度です。

購入する住宅は、新築でも中古でもかまいません。

また、リフォームや敷地の購入にも適用することができます。さらに、耐震性や耐久性などの要件を満たした「認定長期優良住宅」や、省エの「認定低炭素住宅」であれば、毎年の上限額を50万円までアップすることもできます。

押さえておきたいポイントは、住宅ローン控除は「所得控除」ではなく、あくまで「税額控除」だということです。

所得控除の場合は、税金の対象となる金額を減らすことができるだけなので、40万円の控除額で実際に減税となるのは、所得税が10%であれば4万円にすぎません。

しかし、税額控除はその金額分がそのまま減税となるので、支払った所得税から40万円をまるまる還付金として受け取ることができるわけです。

さらに、控除額が所得税を上回ってしまった場合には、余った分を住民税からも差し引くことができます。

一括購入できる場合でも住宅ローンを利用したほうがよい?

住宅ローン控除にはほかにもさまざまなメリットがあるので、マイホームを一括購入できる場合でも、あえて住宅ローンを利用したほうがよい、というケースも出てきます。

たとえば、住宅ローンでは、かならず団体信用生命保険に加入します。

これは、もしも借主が返済途中で亡くなったり、重度の障害を負ってしまった場合には、ローン残高の支払いが保障されるというセーフティネットです。

つまり、住宅ローンの金額を多くしておけば、もしものことがあった場合には、支払っていない分はそのまま手元に残ることになるわけです。

また、住宅ローンでは金利を支払うのがデメリットとなりますが、東京スター銀行などには、「預金連動型住宅ローン」という商品があります。

これは、預金額が増えれば増えるほどローンの金利を減らすことができるサービスで、ローン残高と同額にしておけば、それだけで金利をほぼゼロにすることができます。

もちろん、その場合でも住宅ローン控除は適用されるので、一括購入にくらべて、かえって控除額1%分のコストを減らすことができるようになるわけです。

住宅ローン控除を利用するときにはライフプランをよく考えよう

住宅ローン控除は、銀行をはじめ、農協、生命保険会社、住区金融支援機構、地方公共団体、または勤務先からなど、さまざまな借入先からのローンに利用できます。

ただし、返済期間が10年に満たなかったり、勤務先からの借入で金利が1%に満たなかったり、あるいは時価の2分の1未満で購入した場合には適用されないので、気をつけてください。

返済期間については、繰り上げ返済や借り換えで期間が10年未満になってしまった場合にも対象から外れてしまうので、気をつける必要があります。もちろん、親や親族からの借入も認められません。

また、夫婦ともに所得がある場合には、2人でそれぞれ住宅ローンを利用すれば、控除の上限額を2倍にすることができます。しかし、その場合に考えておかなければいけないのが、出産のことです。

というのも、産休や育休で職場を離れることになれば、所得税や住民税も減ってしまうので、控除額が使い切れなくなるからです。

退職してしまった場合には、どちらかがそのローンを負担することで贈与となり、贈与税の対象となってしまうので気をつけてください。

このように、住宅ローン控除では、金利や返済期間、所得額などとともに、今後のライフプランなどもよく考えておくことが必要です。

住宅ローン控除を利用できるのはあと3年?

このように、マイホームを購入する方にとってとてもお得な住宅ローン控除ですが、この制度はこれまでに何度も変更や延長が行われています。

2015年度の税制改革により、現在では2019年6月30日までに入居を済ませれば、この住宅ローン控除を受けることができるようになっています。

しかし、今後は人口減少などもあり、このような住宅に関する優遇税制は見直されていく可能性が高いと見られています。

そういう意味では、まさに今はマイホームを購入する絶好のチャンスといえるかもしれないのです。



-住宅ローン

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.