DIY

強度が強く、どんな時でも頼りになる結束バンドの使い道

更新日:

紫外線には弱い!?使うなら屋外はやめておこう

結束バンドは何に使えるんだろう

最近はDIYがテレビ番組でも特集されるようになってきましたが、そこで多い頻度で登場するのが結束バンドです。

物と物をくっつけるのに向いているのですが、バンドなのでちょっと目立つなと思っている方もいるでしょう。でも、グルーガンではくっつけにくい場所や、バンドだからこそできる技って結構たくさんあるのです。使い方は簡単なうえに強度もかなりあるので、特に大がかりなものを作る時には大活躍します。

ケーブルをまとめるのに最適

何かをと何かをくっつけるだけじゃなくて、長くて邪魔になるケーブルをまとめるのにも役立つのが結束バンド!ケーブルの束の太さがまちまちですが、それに合わせられるのが結束バンドの良いところです。

こんなに長くいらないのに、という時や、長く使うには使うが床につき、躓きたくないという時には利用できます。机などに固定すれば足元も安全ですね。あまり見せたくないという方や、掃除機をかける際に邪魔だなと思っているなら結束バンドは活躍してくれます。100均で購入可能なので一度試してみましょう!

相性が良いのはワイヤーネット

同じく100均で売っているものの1つに「ワイヤーネット」というものがありますが、皆さんは既にご存知でしょうか。

出典:yahoo.co.jp

その名の通りワイヤーが網状になっているもので、この網と何かをくっつけたい時や、ワイヤーネット同士を組み合わせたい時などに結束バンドは大活躍です。一カ所でかなり頑丈に止まり、細いワイヤーのようなものにでも使えます。おそらく止める位置が多くなると思うので、結束バンドはその分多めに買っておくと良いでしょう。

キッチンの収納にも使える

キッチンはどうしても物が多くなってしまうところで、小さな道具がごちゃごちゃしがちですが、この問題も結束バンドは解決してくれます。

下に物が置けないなら宙に置いちゃおうというアイデアで、壁に立てかける洗濯バサミ付きワイヤーネットが作れちゃいます。ハサミをワーヤーに結束バンドで付けるだけで、好きなだけつけられるのでおたまやメモなどを自由につり下げられます。S字フックを使えば強度があるので、重いフライパンだってかけられますよ。

基本的な使い方

結束バンドはストラップ状になっていて、そこにロックできる部分が付いています。ストラップをロック部分に通し、物がしっかり固定できたら余ったストラップをハサミで切ります。これで完了!
もし長さが足りなくて、もっと太い物を結束したい場合などは、連結させることでさらに太いものを結束することができます。

注意事項

このように、とっても便利で使い勝手が良い結束バンドなのですが、実は1つ弱点があります。それは紫外線

太陽が当たる外での使用は避けましょう。もし何かを吊り下げるのに使っていたとすると、紫外線によって劣化する素材であるため急に落ちてくる可能性があります。

おそらく使用用途で見るのは全部部屋の中の話だと思いますが、その理由はこれでした。中には紫外線に当たっても大丈夫な結束バンドもあるようですが、それはホームセンターでないと手に入らないかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?結束することが得意なバンド、結束バンドは屋外でさえ使わなければ結構万能な道具です。

今愛用している方がいたら、こんな便利なものがもしなかったら何で代用したらいいかわからない、なんて言うかもしれませんね。工具を使う必要もないですし、女性や子どもの力でも十分使いこなせます

使い道はネットでたくさん上がっているようですし、今もびっくりするようなアイデアを駆使して工作を楽しんだり、自分だけの収納方法を持っている人がいてその用途はさらに広がっています。あなたも色んな使い方をマスターして自由に使ってみましょう!



-DIY

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.