DIY

よくみるとゴミ箱だけでもこんなに種類が!

更新日:

使う場所によって使い分けてみよう

意外にいろいろある?100均のゴミ箱

最近は各地域でごみの分別の方法が変わったりして、新しいゴミ箱が欲しいという声も聞きます。

もっと大きなゴミ箱、夏だからコバエがたからないようなゴミ箱、各部屋によって使いたいゴミ箱も違います。ただの箱だからそんなに気にしないという方もいますが、実は100均に行くとかなりのバリエーションがあるので選び放題です。キッチン用や自分の部屋用などなど、使うシチュエーションによって変えてみるのはいかがでしょうか。

フタ付きゴミ箱

出典:e-goods.co.jp

いわゆる「普通」のゴミ箱も売ってはいるのですが、人気なのは生ゴミを入れるのに役立つフタ付きのゴミ箱です。ちょっとにおってくるなというものを捨てるのに最適ですよね。ペットの出すごみにも対応できますし、中身を見られたくないという場合は部屋にも使えます。

レジ袋スタンド

出典:rakuten

組み立て式になっていて、ごみの分別用にも役立つレジ袋スタンド。レジ袋ならそれごとごみに出してしまえばいいので汚れませんし、わざわざゴミ箱の中身を別の袋に入れ替える手間が省けます。フタがないのでぽいと捨てたいという場合に活用できるものですね。

スイング式ゴミ箱

出典:buyee.jp

フタが固定してあるタイプではなくて、スイングするタイプのゴミ箱も人気です。

これが活用されるのはトイレや洗面所、車の中です。比較的狭いところに使われることが多いため、小さいタイプが多めに出回っています。本当に小さいタイプもあり、机に置くタイプなんてものもあります。これならインテリアのようですし、消しゴムのカスや折れたシャーペンの芯、仕事中に噛んでいたガムなどを捨てられます。

フタが取り外し可能なゴミ箱

ゴミ箱に直接ごみを入れるのに抵抗がある方や、ゴミ袋に入れてそのままごみとして出したいという方に不動の人気なのがフタの取り外しができるゴミ箱です。これなら袋をセットした後にまたフタがつけられます。

まとめ

ゴミ箱というとそんなに種類なんてないように思いますが、ちょっと見ただけでももこれだけあります。

これに色やデザインが加わるのですから、花柄やアンティーク調を選ぶと部屋にあっても浮きません。生活感を出したくないという場合にはゴミ箱とわからないタイプのものを選ぶと良いでしょう。もし好みがなければカラースプレーなどを使ったり、木箱ニスを塗って自分なりにアレンジしてみるのも一興です。たかがゴミ箱ですが、各部屋に必ずあるものですからこだわってみるのも面白いものです。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.