DIY

100均の材料、カラーboxを使って簡単収納にチャレンジ!

更新日:

収納家具を買う前に100均で利用できるものはないかチェックしよう!

出典:nitori-net.jp

カラーボックスを使って便利な収納に!

日々、家の掃除をしたいと思っていても物が多くてなかなか片付かないという方はいませんか?

でも、新しく家具を買ってまでするのはちょっと・・・という方にぴったりな収納方法があります。掃除をするにはまず片づけから。そんな時に役立つのが100均で買えるカラーボックスを使った収納法です。これならとっても安いですし、置くだけだから簡単です!

縦に置いてみよう

カラーボックスの一番スタンダードな使い方が、買ってそのまま縦に置いて使う方法です。工具も何もいらないので楽ちんです。

よく見かけるのが3段になっているものですが、ものによっては2段や、多いと6段にもなるものがあります。色も自分好みのものを選んだり、家のインテリアに合わせるなどできるのが魅力ですね。もし好みの色がなかったらカラースプレーなどで好きに色を付けることもできます。

ただ、縦に置くとなるとデメリットになるのがあまり大きなサイズの本を入れることができないことです。立て幅が足りないため、横に倒して収納するしかなくなってしまうのが難点ですね。

横に置いてみよう

縦置きのデメリット解消のために、今度は横にして置いてみましょう。これならA4サイズ以上の雑誌や本もすんなり入るはずです。

ちょっと大きなものを収納したいなという場合に便利な方法ですね。ただ、こちらもデメリットはあって、床に直接置くとなると広く幅を取り、物を取り出す際にしゃがまなければならないということです。床に近い分ホコリも貯まりやすいです。

ただ、逆をつけば子どもにとってはかなり使いやすいので、小さいお子さんがいるならこの方が安全でしょう。倒したカラーボックスの上には観葉植物を置いたり、また別の収納かごを置いてスペース確保ができます。床面積に余裕がある方には向いていますね。

重ねて使ってみる

横に置くという方法をご紹介しましたが、これを積み重ねるという方法もあります。

安定しているのでぽこぽこと積み上げるだけで2倍3倍の収納スペースが確保できますね。ちなみに、カラーボックスにもよりますが、2段重ねるとキッチンカウンターくらいの高さになるものもあるとか

そのため、その上で作業ができちゃうことも。純粋にカラーボックスだけを使ってみるのも良いですし、引き出し風にしたいならバスケットやかごを同じく100均で購入すれば簡単にリメイクできちゃいます。工夫次第でどれだけでも便利にできますね。

まとめ

収納には万能なカラーボックス。スペースのあるなしで縦置き横置きを変えられますし、色合いを見て選ぶこともできます。

壁紙用のペーパーを買って木目調にして楽しむなんてこともできますし、面倒でなければオシャレをさせて可愛くデコるのもありです。新しく家具を追加すると高くなるので、100均で節約しながら収納術の腕も磨けますね。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.