DIY

やってみたくなるDIY術3選!100均のフォトフレームでできるインテリアグッズ紹介

更新日:

中身を抜けばショーケースに、入れればインテリアに

DIYを楽しむ人は、お金をかけずに100均で手に入るものだけにこだわっているというのが最近の定番。今回は、その中でも人気のフォトフレームに焦点を当てたいと思います。

インテリアにもなるし、実用的なものに変身させることもできる万能アイテム!これを利用すると、どんなものが作れるようになるのでしょうか。

 

プチショーケースにもなる

買った時に中に入っている紙を取り出せば、額だけで向こう側が見えます。これを利用すると、四方をフォトフレームで囲めば、プチショーケースの完成!懐中時計などのアンティーク小物を入れたり、観葉植物を入れるとオシャレ度はますますUP!ただ見せるだけのインテリアではなく、収納にもなるのでオススメです。

固定するのは小さめの蝶つがいが良いです。
ねじで留めるだけなので、開閉ができます。
これは大きなもので作ればかなりの大作ができますよ。ちょっとした棚だってできます。
もし、買った時のフレームの色が気に入らなかったら自分でカラーリングしてしまいましょう。
ペンキでもいいですし、もっと気軽に、これまた100均で売っているカラーリングスプレーでもOKです。
わざとムラを出してアンティーク調にするのもアリです!

 

ドアに貼りつけてオシャレ空間に

フォトフレームをインテリアとして使うとすれば、活用しやすいのは壁でしょう。
写真を入れなくても、お気に入りの絵やキャラクターを描いて保存しておくのも可愛いです。
でも、飾る場所をちょっと変えてみませんか?例えば、壁ではなくてドアに縦に数枚貼ることで、また違った印象になります。

フォトフレームにも大きさは色々あるので、大きなものから小さなものまで、わざとランダムに飾るとオシャレです。

殺風景なところでも、空きスペースがなくても壁にくっつけるだけでできるDIYは楽しいですよ。

 

引き出しの一つ一つにアクセントを

ちょっと上級者になってくると、かつてそれがフォトフレームであったことに気付かないくらいにまでなります。
小さな引き出しを数個作りたいと思えば、カラ箱を用意してDIY開始です。
その時、フォトフレームの大きさに合わせて引き出しを作れば、ものを取りだすたびに手作りしたことを思い出せます。

どこに何が入っているかを知らせるように色違いにしてみたり、中の写真を変えるのも工夫の1つですね。
取っ手はフォトフレームの木枠の部分に付けるとより取り出しやすくなります。

 
木で囲っただけなのに、意外に使えちゃうフォトフレーム。初心者では多くの人が壁掛けに、上級者では棚にしているようです。

最初から枠ができていることを利用していますね。
サイズが多くあるので、買いに行く前にはどんな大きさがいいか、家の中のサイズを把握してから行くと良いでしょう。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.