DIY

突っ張り棒と一緒に使うと便利な100均アイテム3選!

更新日:

作り方は超!シンプルなのに使い勝手が良くてしかも安い

収納スペースを作るためのDIYなら、突っ張り棒がもはや鉄板ですが、それだけではできないものも、組み合わせによって素敵な収納ができるようになります。

より使いやすく、そしてデッドスペースを有効活用するためには、突っ張り棒と相性の良いものを知っておきましょう。
同じく100均で購入できるものを集めてみたので、買いに行く際に参考にしてみてください。

 

ワイヤーネット

ワイヤーネットは突っ張り棒と一緒に使われるアイテムNo.1ではないでしょうか。
棚をもう1つ作りたい時、突っ張り棒2本だけではその間に隙間があいてしまいます。

大きなものや、つり下げての収納ならばこれでも良いなのですが、小物を置きたい時には使えませんよね。そこで登場するのがワイヤーネット。

結束バンドなどで突っ張り棒と合わせれば、簡単に棚が1つできてしまいます。

その網目からも落ちてしまいそうなものなら、籠を買ってその中に入れるか、またはシートを買って敷き詰めればOKですね。

このように、どんな場面でも突っ張り棒とワイヤーネットの相性はバッチリです。

 

カーテン

カーテンレールとして役に立つのも突っ張り棒。

窓に付けるタイプの本格的な突っ張り棒というよりは、目隠しとして使われることが多いです。
もちろん、それ以外でもトイレの窓からの西日が夏に暑いなど、小窓に取り付けるのには最適です。

目隠しとして主に使われることが多いのは、トイレにあるトイレットペーパーを隠す時などです。柄も自由に変えられるので、気分によってカーテンを変えてみるのも良いでしょう。

収納スペースを作ったら、何が収納してあるのか他人には見えないようにするカモフラージュ効果にも突っ張り棒は使えます。

 

S字フック

突っ張り棒を張るだけで物をつり下げられることができます。
例えば傘、ハンガーなどなど。でも、もともとつり下げるものとして作られていないものは、たとえ突っ張り棒であってもつり下げられません。

そんな時は、S時フックが活躍します。これなら突っ張り棒よりも細いので、先を通してキッチンツールなどをひっかけることができます。

フックはかけてあるだけなので簡単に取り外しができ、物の並び順をすぐに変えることができるのが便利です。
園芸をする方なら、籠をひっかけてオシャレに空中庭園なんかもできます。

 
これらが、突っ張り棒とよく一緒に使われるアイテムです。
どれも100均で入手できるので、とても安上がりですね。女性でも力が要らないので簡単にできます。
工夫1つでガラリと変わるので、もっとオシャレを追求したいならカラーリングをしたり、工作感覚でビーズを使ってみたりするとワンランク上の収納ができますね。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.