DIY

100均の焼き網でできる簡単ラックのご紹介!壁に取り付ければ場所もとらない♪

更新日:

誰でも簡単にできるから初心者にオススメ!

よく100均で見かける焼き網、あれってバーベキューでもしない限り使う縁がないって方も多いと思います。
ですが、インテリアとしてDIYに挑戦すれば、意外に使えるシチュエーションってあるんです。
ここでは、元が焼き網だなんてもはや忘れそうなくらいのDIY術をご紹介しましょう!

 

焼き網の使い方

まずは、どんなものを作るにも必要となってくる、サイズ調整の仕方と、焼き網同士のくっつけ方を知りましょう。

焼き網には大きさが色々あり、小さいものから大きいものまであります。
しかし、自分が思い描くサイズのものがないなら、ニッパーを使って切ってしまいましょう。

また、それらをつなぎ合わせたい時は、アンティーク感を出したい時には針がねでぐるぐると巻きつけて止めましょう。
同じ素材同士なのでつなぎ目が目立ちません。ただ、巻きつける箇所が多くて面倒なのが欠点です。他には、結束バンドを使ってくっつける方法があります。

出典:amazon

楽ですが、プラスチックなので焼き網と一体感を出したい場合には向いていません。

 

ラック、シェルフ

では、本格的にDIYに入りましょう!一番簡単で役にも立つのはラックやシェルフですね。
ただ焼き網を組み合わせただけで箱になり、繋がなかったところは開閉できるようになります。

全面を囲うとゲージのようになり、中に何が入っているか一目瞭然の棚となります。
一面だけを空けておけば、本棚になるし、キッチンにおけば調味料などを置くスペースができます。

上に上にと何段か作ることで場所もとらないですし、5枚使っても500円なのはお値打ちです。置くスペースさえもなければ、壁に画鋲で止めればOKです。

 

バスケット

焼き網をぐいっと曲げて、籠風にするのもオススメです。
大きいものを作ればフランスパンなどを入れられるのでキッチンに1つあると便利です。
西洋では果物を丸かじりするので、それらを入れていたりしますね。

ダイエットとして果物をたくさん取りたい場合にいかがでしょうか。
また、郵便物を入れる籠にもできます。

大事な書類とそうでない書類、片づけが苦手という方も自分好みの大きさのバスケットをオシャレに作っておくと良いでしょう。

 

カラーリング

焼き網の色をそのまま活かしたい場合と、色を入れてみたい場合とがあると思います。
そんな時は、同じく100均で売っているカラースプレーで染めてみましょう。

新聞紙をひいてから表を塗り、よく乾かしてから裏も塗ります。

周りの家具の色合いを見てカラーリングすると、統一感が出ます。焼き網そのままでもアンティーク感は残ります。

 
焼き網は、アンティーク調が好きな人に人気です。
工夫次第で何にでも化けるし、使い方も簡単なので活用方法はいくらでもありますね。
思っていたのとは違うという失敗が少ないのもメリットで、初心者の方がクラフトするのに向いています。
100均をめぐっているだけで色々とアイデアが下りてくるかもしれませんよ?



-DIY

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.