DIY

キッチン収納にすのこを使う人急増?詳しい使い方

更新日:

調理小物や調味料の収納に困ったらすのこの出番

近年ではすのこを使用したキッチンの収納術が注目を集めています。
様々な大きさのすのこを使用しながら、散らかってしまうことの多いキッチンをスッキリと片付けてしまいましょう。
とても簡単な方法で調理用具などを上手にセットすることができます。

 

すのこを使った調理器具収納

まず材料としては、すのこ1枚と木材にねじ込むタイプのフックを購入します。

これだけで簡単な収納スペースの出来上がり。
小さなすのこにいくつかのフックをしっかりとねじ込んでおけば、ここに調理用具を引っ掛けることができます。
引っ掛けるのが少々難しいと思うものは調理用具にタコ糸などを通し、フックにかけやすい形状にしてあげると良いでしょう。

これをガスコンロの上のスペースやその他使いやすいスペースに立てかけておけば、わざわざ収納スペースを作る必要がありません。
すぐに移動させることができるので、油汚れなどを拭き取る際にも便利です。

また、すのこの裏側に小さな木箱やメッシュボックスなどを取り付けてあげれば更に安定性は高くなり、このボックスにおろし金をはじめ、その他小さな調理小物などを入れておくこともできます。

すのこにホワイトカラーなどでペイントをしてあげれば、さらにオシャレな見た目になるためキッチンのリフォームを手軽に行いたいと考えている人にはとても良いアイディアです。

 

食器を立てておくにも便利

すのこを1枚購入し、これを空いたスペースにそのまま置くだけで食器を立てかけておくためのスペースになります。
足つきのすのこは高さがあるので、小さなお皿などであれば隙間に置くだけで抑えてくれます。

倒れることがなく、さらにはお皿1枚分のスペースより少ないスペースで多くの食器を収納することができるでしょう。

高さが足りないと思った時にはスノコを重ねれば安定感は高くなります。

またコップなどを収納したいと思った場合には、すのこの上に布巾を置いて、その上に洗った後のコップを置いておけば通気性もよく、使いたいときにはすぐに使うことができます。
可愛らしいコップを見かけてついつい購入し、増えてしまって収納スペースに困ることがあるので、すのこを上手に使ってみましょう。

 

組み立てて大きな鍋置きや踏み台も作れる

すのこを複数枚購入し、立体的に組み合わせることで飛行機の鍋やフライパンなども収納することができます。

シンクの下やガスコンロの下の部分に収納スペースが無く、その他のスペースをどのように作れば良いかと悩んでいるのであれば、こちらの方がおすすめ。
フライパンなどの大きさに合わせながら組み合わせることで、すのこの食器棚が出来上がります。

また同じような方法で組み合わせたすのこを踏み台にすることもできるため、高い場所にあるものを取る時にわざわざ椅子を持ってくる必要がありません。

蝶番などを使って上手に折りたたみタイプを作ることができれば、使わない時にはコンパクトにたたんで置く事が出来るので邪魔になりません。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.