DIY

邪魔なケーブルはワイヤーネットにお任せしましょう

更新日:

ワイヤーネットとケーブルは、収納でベストな組み合わせ

ワイヤーネットは格子状に作られていますので、この形状を利用してケーブルをすっきりとさせるために、使っている人がたくさんいます。
今まで思い浮かばなかったという人でも、これを機に邪魔なケーブル類をしっかり整理してみてはいかがでしょうか?

 

パソコン周りをスッキリさせる

パソコンの周りにはパソコン本体だけでなく、その他にもマウスなど付属品などのケーブルがたくさんあります。

これをすっきりと収納させるために、ワイヤーネットが大活躍してくれます。
収納する際には複数の方法がありますので、お部屋の雰囲気に合わせながら考えると楽しみになります。

ネット1枚だけで複数のケーブル類をしっかりと収納することができるため、今までのように様々なケーブルがどこにつながっているのか、わからなくなってしまうこともありません。
しっかりと収納したケーブルの一つ一つには、わかりやすくタブなどをつけておくとなお良いでしょう。

 

結束バンドでむすぶ方法

ワイヤーネットと結束バンドを使用する方法はとても簡単です。
結束バンドがあれば小さくまとめたケーブル類をそのままワイヤーネットに固定するだけです。

結束バンドには長さや太さなど様々なものがあるので、ケーブルの種類に合わせながら購入しましょう。

太いケーブルであれば細い結束バンドを2本使用する、または太い結束バンドを使用するといった方法で固定することができます。
結束バンドでしっかり固定しておけば、ケーブル類がほどけてしまうこともありません。
埃の蓄積が気になる場合には定期的に掃除機でホコリだけを吸い取るといった方法で清潔に保つことができます。

絡まったままの状態にしておくと、1本を引っ張った時に他のケーブルまで引っ張られてしまい、パソコンから抜けてしまうことがあります。

またコンセントから抜けてしまった場合にはパソコンが強制的にシャットダウンとなってしまいトラブルになることもあるので、わかりやすく収納しておきましょう。

 

ケーブル類を巻きつけてオブジェにする

一つ一つのケーブルをまとめて固定するのが面倒だという場合や、あまり他の人が使用していないコーディネートを考えたいという場合には、ワイヤーネットに直接コードを巻きつけるといった方法があります。

ネットの格子状を上手に使いながら、斜めや上下左右にどんどんケーブルを巻き付けていきましょう。

ケーブルは柔らかいので、自分の好きなデザインをイメージしながら巻きつけることができます。
こうすることによって、すっきりとした収納だけでなくおしゃれさも加わるため、オリジナル感も高くなるのではないでしょうか。

ケーブル類を巻きつけるといった方法であれば、結束バンドなどを使用せず、簡単に絡めただけで済んでしまいますので、最も手軽であるとも言えます。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.