DIY

もうやってる?インテリアにワイヤーネットを使う方法

更新日:

どうすればワイヤーネットを材料にインテリアが出来るの?

リビングスペースはできるだけスタイリッシュにまとめたいという意見が大多数です。
ガシャガシャと散らからないためにも、ワイヤーネットを活用し、うまくコーディネートを考えていきましょう。

 

アクセサリーを飾る収納スペースにする

ワイヤーネットを壁に立てかける、または取り付けるといった方法で1枚準備します。
ここに直接アクセサリーを飾る収納スペースを作ることができます。
ネックレスなどであればワイヤー部分にネックレスを止めるだけで良いでしょう。

細かな指輪やピアスに関しては、小さなボックスを購入し、ワイヤーネットに取り付ければ無くなってしまう事がありません。

またネックレスをはじめとして、チョーカーなどを綺麗に飾っておけば、それだけでインテリアの代わりにもなってくれます。
自分の持っているアクセサリーをそのままお部屋のコーディネートに役立てることができるので、誰にも真似できないオリジナルスペースとなってくれるでしょう。

 

ワイヤーネットでリモコンスタンド

ワイヤーネットは大きなものばかりではなく、小さなものが販売されています。
このような小さなものを数枚組み合わせて立体的にすることで、リモコンを収納するためのスタンドを作ることができます。
リモコンスタンドとしての商品も販売されていますが、ワイヤーネットを使うことで埃が溜まりにくくなります。

また、大きさそのものも自分の自由に作ることができるので、リモコンの大きさや数に合わせながら組み立てると良いでしょう。
必要に応じてリモコンに使うための電池を一緒に保管しておくこともできます。

リモコンのあちこちに置いてしまうと、そのまま無くなってしまうことや、使いたいとき近くに無いということがありますが、便利なリモコンスタンドを作っておけば、いつでもひとまとめにして手の届く範囲におくことができます。

 

壁掛けの装飾スペース

小さなオブジェをはじめとして、その他ポストカードを額に入れて飾りたい時やコンパクトタイプの観葉植物を飾りたい時などにもワイヤーネットを使用していきましょう。

ワイヤーネットと結束バンドがあれば、簡単に取り付けることができます。
またワイヤーネットの表面にリーズナブルなハギレを貼り付けるというだけでも、かわいらしいオブジェになってくれるでしょう。

このハギレにボタンやリボンなどを縫い付けるという方法もあります。
フックを使って壁掛け時計などを取り付けておくこともできます。

壁に直接飾ることができなくても、ワイヤーネットを使えば上手に壁面のインテリアを作ることができるなど、お気に入りの写真などをマスキングテープなどでワイヤーネットに止めたボードを作ることも可能です。

リビングのコーディネートに困った時には、まず1枚だけでもネットを購入し、どのように使うことができるのかイメージしながら考えてみると良いでしょう。
思いがけず素敵なアイデアが浮かんでくるかもしれません。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.