DIY

ワイヤーネットは固定も簡単で収納にも装飾にも大活躍

更新日:

賃貸でもワイヤーネットがあれば、DIYで部屋が変わる

ワイヤーネットは100円ショップに行くと必ずと言って良いほど販売されています。
大きさやカラーバリエーションなども増えてきているので様々な目的を持って使う事ができます。

単体で使用するだけでなく、組み合わせて上手に活用することもできるため、自分の部屋にあったアレンジ方法を考えてみると良いでしょう。

 

ワイヤーネットはアレンジ自在で便利

ワイヤネットが購入したものをそのまま使う事も出来ますが、角度をつけるために曲げて使用することもできます。
このような部分でも便利アイテムとなっているため、お部屋だけではなく車の中などにも使用する方が増えてきています。

車のシートの後ろ部分にロープをつけてぶら下げておけば、傘をかけておくスペースやその他フックをつけてゴミ袋などを下げるスペースにもなります。

その他にも角度をつけたものを郵便系の内側に設置して郵便物が床に落ちないような工夫をするという人もいます。
角度をつけるにもさほど力を必要としませんので、女性でも簡単に曲げることが出来、上記したように活用することを考えるととても便利なアイテムです。

 

一枚だけでも充分に使う事ができる

ワイヤーネットを組み合わせると、立体的なボックスになるのでこういった方法で活用するという形も非常に沢山いるのですが、1枚だけでも充分役立てることができます。

フックをつけるだけで、小物などをかけておくスペースになり、その他にも小さなマスコット人形などを一つ一つのマスに合わせてコーディネートするといった方法もあります。

一つのマスそのものがさほど大きくありませんので、マスコット人形にはちょうど良いのかもしれません。

この他にもお花をコーディネートする際に使用するといった方法や、ご当地物のキーホルダーを購入した際に飾る場所としても1枚だけで使う事ができるでしょう。

 

ワイヤーネットの付属品も活用する

ワイヤーネットは前述の通り、単品でも十分に役立ってくれるアイテムですが、付属品を使うことによってさらに需要は高くなります。

付属品の中には小さなボックスポケットから大きなメッシュボックス、さらには仕切り棚、フックなど様々なものが販売されています。

同じシリーズでアイテムで揃えれば見た目も良くなりキッチンの収納や、リビング、さらにはベランダなど家庭内のどこに置いても役立つアイテムになります。

そのため非常に人気があり、家庭内の複数のスペースにワイヤーネットを活用するという方々が増えています。

付帯させるアイテムを選びながら購入し、1枚のワイヤネットに対し複数の付属品を使うだけで頻繁に使用する小物からお部屋に飾っておきたいインテリアなど様々な物が置けるようになるため、用途に合わせながら自分で組み合わせていくのも楽しみの一つになります。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.