DIY

カラーBOXはそのまま使うよりアレンジしたほうが良い

更新日:

カラーBOXの具体的なアレンジ方法紹介

カラーボックスはどこにでも設置することができて収納にはぴったりのアイテムです。
近年ではこのカラーボックスを様々なアレンジで見た目を変えたり、さらにはおしゃれなインテリアとして活用する人が多くなってきています。

とても手軽な方法の一部をご紹介します。

 

繋げて使用すると用途が広がる

 
カラーボックスを一つだけではなく、2つ3つと様々なアイディアで繋げて使用するといった方法は、収納力も高くなり用途も広がります。

例えば2つのボックスをつなげて、その上に丈夫な板を設置することによってキッチンカウンターとしても使用することができます。
2つをピッタリとつなげるのではなく、間に空間を持たせて板でつなげることができれば中心部分には椅子を置くことやダストボックスを置くこともできるでしょう。

2つだけでなく、3つ4つと繋げることによってベッドとして使用する方や勉強机として使用する方などもいます。

 

扉を付けてオシャレにアレンジ

 
近年では最初から扉付きのタイプも販売されていますが、自分でおしゃれな扉をつける方法もあります。
大きさの合う板を購入し、これを蝶番で設置するだけでとてもおしゃれな家具に早変わり。
その後ペイントを施すことや全体的にではなく部分的に扉をつけることで、見せる収納と見せない収納を一つのボックス内で実現させることができるでしょう。

蝶番に関してはドライバーがあれば比較的簡単に付けることができるため、女性でも好き難しいと感じることはなく、初めてのチャレンジで上手に仕上げることができます。

 

引き出しを設置する

カラーボックスには引き出しが設置されていません。
そのためコーディネート方法を考えた時、自ら引き出しを付けるといった方法もあります。
本格的な引き出しを作るのであればレールなどが必要になりますが、簡易的なものとしてリーズナブルに販売されているメッシュボックスなどを引き出し代わりにする方法があります。

また、突っ張り棒を使用して一つのボックスの中に複数の引き出しを設置し、書類関係や小物など様々なものを上手に収納するといった活用術まで様々です。
非常に多くのカラーボックス活用方法があり、ペイントを施すことやシートを貼ってデザインを変えるなどのコーディネート方法も無限
です。
お部屋の雰囲気に合わせながら、お好みでシンプルなカラーボックスをおしゃれなインテリアに変身させましょう。



-DIY

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.