一人暮らしのガイド

一人暮らしがモテる3つの理由を紹介

更新日:

さらにモテ度をアップさせるために・部屋のコーディネートを紹介

h2>一人暮らしがモテるのは事実

実家暮らしをしている人と一人暮らしをしている人を比較すると、一人暮らしをしている人の方がモテる傾向が見られます。
例えばあるアンケートの調査によると、9割程度の女性が一人暮らしをしている男性の方が良いと答えたといいます。
その理由を見てみると、3つのことが考えられます。

 

他人の目を気にしなくても良い

特に女性の間で多かったのがこの意見です。お付き合いをするようになれば、お互いの家を行き来することも出てくるでしょう。もし彼氏が実家暮らしをしていると、両親や兄弟などと顔を合わせないといけなくなります。
そうすると彼の家に行っているときに、常に他人の目を意識してストレスもたまります。

一人暮らしであれば、2人きりの空間を作り出せます。周りの目を気にする必要はないですし、相手の家にお泊りもしやすくなります。

 

家事を自分でやっている安心感

一人暮らしの場合、家賃や光熱費、食費などの支払いをすべて自分でやり繰りしないといけません。無駄遣いをしないなどの金銭感覚が培われていると思われます。
これも安心材料の一つになるでしょう。
お付き合いをすることの延長線上に、結婚などを意識する人も少なからずいます。結婚するとなれば、経済的なものも見ていかないといけません。
金銭感覚が身に着いている人であれば、お付き合いの先に結婚があっても安心、となるわけです。

また人によっては自炊をしているケースもあるでしょう。この料理ができるのは、男女ともにかなりのアピールポイントになります。

男性としてみれば胃袋をつかまれるという言葉があるように、料理のできる女性に好意を抱きます。また最近では女性も結婚した後も仕事をつづけるケースも増えているので、ある程度家事のできる男性を求める傾向があります。一人暮らしで料理を作れる男子であれば、女性もプラスの印象を抱くでしょう。
料理ができる・うまいというのは、株をあげるには絶好の条件といえます。

 

自立している力強さ

実家暮らしをしている、特に社会人になってからもそうとなるとどことなく頼りなく感じます。「給料が安いから」とか「親に甘えている」「親の言うことに逆らえない」など、どうしてもネガティブなイメージがわいてしまいます。
一人暮らしをしている人は、自分のことはすべて自分で行っています。自立しているというのは、頼りになるとか安心感を生み出します。
このようなところも一人暮らしをしている人がモテる理由に含まれてくるでしょう。

 

モテる一人暮らしの部屋を紹介

一人暮らしがモテるといいましたが、一人暮らしをしているだけで無条件にモテるわけではないです。特に部屋の感じがどうなのかが重要なポイントになります。モテる部屋にするためには、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

 

 

適度にきれいな部屋

部屋が散らかって汚らしい部屋に挙がろうと思う人はいません。ですから定期的に掃除をして、きれいな状態を維持しましょう。特にトイレなどの水回りはきれいにしておくことです。

ただしきれいにしすぎるのも逆に相手を引かせる理由になりかねません。潔癖症を疑われてしまって、「お付き合いをすると小言を言われて面倒ではないか」と警戒されてしまうからです。

 

インテリアをそろえること

いろいろなカラーの、さまざまなサイズのインテリアがあると、どうしても雑然とした印象になって、部屋が狭く感じられます。家具をそろえる場合には、同じような高さ・カラーでそろえることが大事です。すると部屋のバランスが取れて、すっきりとした印象になります。
ワンルームなどもあまり広くない部屋に住んでいる人も多いでしょう。その場合、必要最小限のインテリアだけを入れるように心がければ、部屋を広く見せられます。

 

異性を感じさせないこと

一人暮らしをしている人の中には、前に付き合っていた人や異性の友達が来て置いていったものをそのままにしているケースがあります。しかし異性の存在を連想させるようなものは部屋の中に置かないことがオススメです。

やはり異性の自分のものではないアイテムを見れば、「浮気しているのではないか?」と疑いを掛けられてしまいます。居心地良く自分の部屋に滞在してもらうためには、異性を連想するものは全く置かないように留意することが大事です。
このようなポイントに注意をすれば、異性にモテる一人暮らしライフを満喫できるはずです。



-一人暮らしのガイド

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.