暮らしの節約術

追い炊きに使用するガス代を節約するために実行できる事を考える!

更新日:

お湯の温度を保る工夫で追い炊きを使う時間を短くして節約につなげる

お風呂でよく使うこととして、追い炊きがあるのではないでしょうか?どのようにしたらガス代を節約できる追い炊きにすることが出来るでしょうか?節約できる追い炊きの方法をご紹介していきます。さっそく今日から実践してみてください。

あらかじめ水の温度を上げておく

夏場にできることなのですが、夏の暖かい日にはあらかじめ風呂に水を入れておきます。こうすることで、お水の温度を室温に戻すことが出来ます。

ある程度水の温度を上昇させたうえで、追い炊きをするならば、追い炊きをする時間を短縮することが出来ます。そのためにガス代の節約につなげることが出来るます。

温度が下がらないように浴槽にフタを!

お風呂を上がってからは、風呂のフタをしていますか?お風呂にこまめにフタをすることで、水温をできる限りキープすることが出来ます。特に寒い冬はフタをしているのと、していないのとでは大きな差が生まれてきます。

追い炊きばかりで寒さに対応しようと思っても、無駄なガス代だけが出ていきます。できればお風呂に使っているときにも、フタをするようにしてください。これだけでも保温効果がぜんぜん違います。お湯が冷えにくくなり、追い炊きをする時間の短縮につながります。結果ガス代の節約になるのです。

お風呂に入る時間を空けない

家族がお風呂を使ってから、できるだけ続けて入浴するようにしてください。続けて入るのであればお湯が冷める前にお風呂に入ることが出来ます。追い炊きの必要を少しでも減らすことで、ガス代が大幅に違ってきます。

特に家族が多い家庭では、追い炊きの回数も増えてしまいますので、続けてお風呂を済ませることを意識してみてください。お湯の温度変化は1時間につき、1度から3度ほど違います。続けて入ることでお湯の水温低下を防ぐことが出来ます。

お風呂の水は満杯にしない

お風呂に湯船をはるときには、半分くらいまでにしましょう。半身浴でゆっくりと時間をかけて体を温めることで、体への負担も少なくなります。またそれだけではなく、ガス代、水道代の節約にもつながります。しっかりと疲れもとれるので、おすすめの入浴方法です。

便利なお風呂保温シートを使う

お風呂保温シートを使うことで、水温の低下を防ぐことが出来ます。使い方はとても簡単で、 湯船にお風呂保温シートを浮かせるだけなのです。この保温シートを入れるだけで、追い炊きをする時間が短縮されるのです。しかも保温シートは1,000円ほどで購入することができ、簡単に取り入れることが出来るアイテムとなっています。

出典:rakuten

浴槽の大きさに合わせて切るなどをすることで、より保温効果が高まります。その上からフタをすれば、さらに保温効果もアップです。追い炊きをする必要をできる限り減らすことが、ガス代節約の秘訣ともいるでしょう。どれほどの効果があるかを知りたい方は、100円ショップにもお風呂保温シートがありますので、試してみてくださいね。

1日に何度も追い焚きをしないこと!

ガス代を節約するためには、できるだけ1日に何度も追い炊き機能を使用しないことが大事です。当たり前のことですが、これを実践するためには保温を考えてお風呂に入ることが大事になります。

お湯が冷めるのが気になるのであれば、家族でお風呂に一緒に入る、時間を空けずに入るなどの工夫をすることで、ガス代だけではなく、水道代も節約することができます。楽しく節約を行うためにいろいろな工夫をしてみたいですね。



-暮らしの節約術

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.