暮らしの節約術

シャワーの利用時にできる水道代節約のポイント4つ

更新日:

シャワーの節約効果は大きいので楽しんで行って!

水道代の多くを占めるのが、お風呂です。お風呂ではシャワーを使うという方も多いと思います。お風呂にお湯を張るよりも節約をしているような気がしますが、実はシャワーは水をたくさん使っているのです。そこでここではシャワーで使う水道代の節約方法をご紹介していきます。早速、今日から節約を行ってみましょう。

家族が多いのであれば浴槽にお湯を溜めて使いましょう

シャワーの使用頻度が増えるということは、それだけ水の使用量が増えるということとも言えるのです。特に夏場はシャワーを利用することが増えますね。また家族が多いと、家族の分だけシャワーを使うようになってしまいます。

これを避けるために、浴槽に溜めたお湯を使うようにしましょう。特に家族が多い家庭では、シャワーよりも断然そちらの方が水道代金が安くなります。シャワーの15分使用は、浴槽1杯分とも言われています。もしも15分以上のシャワーを使うのであれば、そちらに切り替えてみましょう。

お風呂1杯の平均
水道代は地域によって異なりますが、平均1L=0.26~0.35円。お風呂の浴槽は平均には140~200Lだと言われています。毎日お湯を入れるとして140×365日=51,100L 金額にすると1年で浴槽の水だけで17,885円です。

シャワーはこまめに止めましょう

シャワーの使用を少なくするためには、当たり前ですがこまめに止めることが大事です。たとえばシャンプーをしているとき、体を洗っている時、顔を洗っているときなどには水が必要ではありませんね。この時にっと流しっぱなしにしていると、水道代が高くなります。この時にしっかりと止めるようにしましょう。

シャワーを使用する時には、始めはしばらく冷たい水が出ますね。これを浴槽にためる、バケツにためるなどをして、上手に利用するようにしましょう。

思い切ってシャワーヘッドを交換する

効率的に節約をしたいのであれば、シャワーヘッドの交換をおすすめします。 特に節水シャワーヘッドは、水が出る穴の数・大きさが調整されているために、使用する水が少なくてすみます。

また水圧を高くすることで、出ている水の量は少ないけど、シャワーを快適に使うことが出来るタイプのものもあります。シャワーヘッドによっては、通常のシャワーヘッドおりも5割ほどの節約につなげることが出来るものもあります

こまめに止めることを簡単にするために手元に一時止水スイッチ付のものを選ぶと、より節約をしやすくなります。

節約だけではなく環境への配慮にも!

毎年どこかの地域で水不足が心配されています。これまで以上に節水が求められることもあるでしょう。また水を使うだけでどうしても排出されるのが、二酸化炭素です。

水道代の節約は単純に水道代節約につながるだけではなく、環境のためにもなります。節約・環境の両方のために今日から節約を始めてみましょう。シャワーの使用の節約効果は大きいですので、取り組みやすいものとなっています。上手に取り入れていきましょう。



-暮らしの節約術

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.