暮らしの節約術

意外と電気を使うウォシュレットの電気代節約方法

更新日:

季節ごとの細かな設定で電気代カットにつなげる

電気代の中で実は上位をしているものに、ウォシュレットがあります。現在では必ずと言っていいほど、ウォッシュレットはどの家庭にもあるものになりつつあります。ウォシュレットも改善が進められており、節電タイプも各メーカーから出されています。

それでもまだまだ電気代を節約するためにできることがあります。そこでここではウォシュレットを使う上でできる電気代節約術をご紹介していきます。

季節によって便座の温度調整を

便座の温度の調整を行います。たまに無駄に高い温度に設定してあることがあります。でも便座の温度は座った時に、冷たいと感じない程度で十分なのです。

便座の温度を“高”に設定してしまっていると、それだけでも電気代は高くなるのです。冬場であれば“中”で十分その役目を果たすことでしょう。また夏場であれば便座の温かくする機能歯必要ないといえるでしょう。思い切って切っておきましょう。

フタを毎回閉める習慣で節約に

使用後にはフタを閉めていますか?意外とフタを開けた状態のままだという家庭も少なくありません。でもフタを開けたままにしておくと、熱が逃げてしまいます

そのために余分な電力が必要となります。なのでトイレを使用したら、毎回フタを閉めるように習慣づけてください。またフタを閉めるだけでも、衛生的にもとても良いとされています。節電だけではなく、トイレの衛生的な面も検討するのであれば、便座のフタは閉めるようにしましょう。

温水の温度も季節によって調節しましょう

ウォシュレットの温水の温度はどのくらいにしていますか?温度が高ければそれだけ電力が必要になり、電気代も高くなることがわかるでしょう。冬場の温水温度は“中”ほど必要になるかも知れません。

でも夏場は温水ではなく、水でも問題ないといえるでしょう。季節ごとに細かな設定をしていくことで節電につなげられます。

使わない時期はコンセントを抜くのも1つの手段

すべての電化製品には待機電力があります。この待機電力は電気製品を使っていない状態で、コンセントをさしているだけでも電力を必要とするものなのです。実はこの待機電力は電気代の全体の1割ほどを占めているといわれています。

使っていないのに、こんなに消費していてはたまりませんね。そこでウォシュレットも、使わないときなどにはコンセントを抜くようにしましょう。もちろん使うたびにコンセントを抜く、差し込むのは面倒に思えるかもしれませんが、夏場などは挑戦しやすい節電方法です。電気代節約と思ってトライしてみてください。

ウォシュレットは細かな工夫で節電効果を得る

上記の4つのポイントを見ると、とても細かなことが多いことに気が付くことでしょう。特に季節ごとに設定する温度調整は、気が付いたときにすぐに行うことで節電効果を得ることが出来ます。

とても簡単にできる方法ですので、ぜひ今日からトライしてみるのはいかがでしょうか?



-暮らしの節約術

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.