暮らしの節約術

毎日使うからこそ見直したい冷蔵庫の節約術6つ

更新日:

ちょっとした工夫で結果を残すことが出来るのが冷蔵庫の電気代節約

日常的に使う電化製品の中でも、大きな電力を使っているのが冷蔵庫ではないでしょうか?一度電源を入れると、よほどのことがない限りはそのまま電源はずっと入れっぱなしです。そのために電気代を節約できるところともいえるでしょう。

使い方次第では冷蔵庫に必要とされる電気代を節約することが出来ます。ここでは簡単に取り組めるの冷蔵庫電気代節約術を6つご紹介していきたいと思います。総額いくらの節約ができるでしょうか?

温度設定を確認、変更してみる

自宅の冷蔵庫には設定温度というものがあるのをご存じですか?この温度の調節をするだけで、年間で1,600円ほどの電気代を節約できるといわれています。

この設定温度を強から中、または強から弱することが出来ます。よほどのものがないのであれば、弱にしてもなんの問題もないことでしょう。まずは設定温度がどのレベルになっているか確認してみてください。

設置方法

冷蔵庫の中にどのように、またどこに設置していますか?この設置の仕方を見直すことで、年間1,100円ほどの電気代を節約することが出来るのです。冷蔵庫が壁・棚などにくっつきすぎないように気を付けてみてください。

冷蔵庫の周りにはスペースをおくようにします。冷蔵庫は放熱をするようになっています。でももしも冷蔵庫の周りにスペースがないのであれば、放熱された熱が冷蔵庫にまた帰ってきてしまうことになり、余計な電気代が必要になってしまいます。

冷蔵庫の周りには適切な放熱スペースを確保しましょう。周りに5㎝ほどのスペースをとるようにしてみてください。

食べ物の詰め過ぎをやめる

例倉庫に食品を詰め込みすぎてしまっている家庭もあります。これをやめるだけで年間1,100円の電気代を節約することが出来ます。食べ物がつまり過ぎている冷蔵故庫内では、冷気が上手に循環できなくなっており、そのために余計に電力が必要になります。

また詰め過ぎていると必要なものを探すために冷蔵庫を開けている状態が長くなってしまうのです。冷蔵庫に詰め込む理想的な食品の量は、冷蔵庫の半分にほどです。買いすぎに注意が必要です。

扉の開閉

扉を開閉する時間・回数を減らすことで、年間500円ほどの電気代を節約することが出来ます。冷蔵庫を開けていることで、冷気が外に逃げてしまいます。

そのために冷蔵庫を冷やすための電力がさらに必要となってしまうのです。冷蔵庫の開閉はできるだけ素早く、また開閉の回数を減らすようにしましょう。

電気料金プランの見直し

家庭によってどの時間帯に一番多く電気を使うのか?ということが違ってくると思います。自分の過程に合っている電気プランに見直すことで、努力なしに年間1,000円の電気代を節約することが出来ます。しかもこの金額は冷蔵庫の電気代だけです。これを家じゅうで考えるのであれば、年間にするとかなりの節約が可能になるといえるでしょう。

冷蔵庫の買い替え

電化製品はますます進化を遂げてきており、以前に比べるとかなり少ない電力で運転できるようになっています。そのために10年ほど前のモデルからの買いかえであれば、年間で13,000円の電気代を節約することが出来ます。

買い換えるだけで電気代の節約を行うことが出来るのです。また冷蔵庫のサイズを小さめのものにすることで、さらに電気代のカットにつながることでしょう。

冷蔵庫は毎日使うからこそ見直しを!

このように小さなポイントですが、すべてを集めてみると18000円以上の節約効果があることがわかります。小さなことですが、小さなことを積み重ねることで大きな効果を得ることが出来るのです。

しかも冷蔵庫の節約はそれほどの我慢、努力が必要なものではありません。ぜひ節約術を活用してみて電気代を節約してみてくださいね。



-暮らしの節約術

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.