周辺エリア・土地の魅力

閑静な住宅街が広がる目黒区は住環境が整っていて人気

更新日:

交通の便に恵まれている

東京に引っ越すにあたって、目黒区で物件を探すというケースは往々にしてあります。目黒区にはいろいろなメリットがありますが、やはり見逃せないのは交通の便の良さでしょう。

目黒区内には、東急の路線が数多く乗り入れています。ざっと見ても東横線や田園都市線、大井町線、目黒線といった感じです。東横線や田園都市線を利用すれば、渋谷には一本でアクセスできます。また東横線は東京メトロの日比谷線に直通しています。ですから銀座などにも直行することが可能です。

このように都心部へのアクセスのしやすいところが、目黒区が生活拠点として支持を集めている理由の一つです。東横線を利用すれば、都心部だけでなく、横浜にも一本で出られます。通勤・通学で電車の利用を検討しているのであれば、目黒区の中でも駅に近いところで物件を探してみるといいでしょう。

女性からの人気を集める目黒区

住みたい街とか住みやすい街ランキングといったものが、よく住宅関係のポータルサイトで紹介されています。その中で目黒区とか、目黒区にある地名がランキングの上位に出てくることが多いです。とりわけ、女性の人気の高いことで知られています。女性だけのランキングで見れば、東京の中でもトップクラスに位置するエリアと言っていいでしょう。

実際目黒区に住んでいる人を見ると、女性の割合が非常に高いです。特に30代から40代にかけての女性の割合が高いといわれています。なぜここまで女性の間で人気かですが、いくつかの要因が考えられます。

まずはハイセンスなイメージの広く定着していることが関係しているでしょう。目黒区には閑静で高級な住宅街が色々とあります。柿の木坂や碑文谷、八雲といった地名は一度耳にしたことがあるという人もいるでしょう。閑静でおしゃれな街並みで、芸能人の方もしばしば暮らしているエリアでもあります。

そして女性人気の高さを支えているのは、治安の良さでしょう。東京というと、地方と比較してとかく治安の問題が指摘されることもしばしばです。確かに繁華街のある地域は、女性がよる一人で出歩くのには危険なエリアもあるのは事実です。しかし目黒区は、女性の一人暮らしの方でも安心して暮らせる地域が大半です。

たとえば犯罪認知件数を見てみると、平成25年度のデータによると23区内で2番目に少なかったです。治安の良さを維持するための取り組みも積極的に行われていて、住民会議を地域別に開催しています。その中で防犯対策や防災対策についての活動計画を立てて、住民自らが実行しているので治安の良さが保たれているといえるでしょう。防災にも力を入れていて、たとえ災害があっても大きな被害をあまり起こさない地域としても知られています。

都会では地域のコミュニティがだいぶ薄くなっています。しかし目黒区には、この古き良きコミュニティが今でも残っています。女性の一人暮らしや小さな子供連れの家庭の場合、セキュリティは物件選びで重視するでしょう。そのような人には目黒区はおすすめの地域といえます。

街並みがおしゃれでアカデミック

目黒区が女性を中心として高い人気を集めている理由の中の一つに、街並みの良さが挙げられます。

緑地が近くにあると心が癒されますし、住環境の良いイメージがあるでしょう。実は目黒区の公園面積ですが、人口1人当たりに換算すると23区の中では21位となって、下位にランクされます。しかし数字の上ではそうかもしれませんが、実際には結構自然に触れることのできるスポットが区内にはあります。

たとえば中目黒の周辺には目黒川が流れているのですが、これは東京湾まで続く大きな川です。この目黒川沿いには、ソメイヨシノが植えられています。春先になると、川の両側が華やかな桜色に包まれ、ちょっとした花見スポットになっています。

そのほかにも目黒川の両岸を見てみると、おしゃれなカフェなどもいろいろと立ち並んでいます。目黒川沿いへ休日を利用して散歩に出かけ、ちょっと疲れたらカフェに立ち寄って読書でもしながら休憩するのは優雅なひと時でしょう。

また学芸大学駅の近くには、碑文谷公園があります。こちらも周辺住民の憩いの場として高い人気があります。碑文谷公園にはこども動物広場やポニー園、ボート乗り場などが用意されています。カップルで訪れるのもいいでしょうし、休日になると家族連れの姿も多くみられるようになります。

目黒区内には、大学のキャンパスがいくつかあります。東京大学の駒場キャンパスや東京工業大学といった、日本の大学の中でも難易度の高いキャンパスがあります。ですから街中には学生の姿もしばしばみられます。このような大学のキャンパスの周辺は、どことなくアカデミックな雰囲気を醸し出しています。このようなインテリジェンスを感じさせてくれる町並みも、多くの人々が目黒区に魅了される理由の一つといえる出でしょう。

行政サービスが充実している

目黒区ですが、行政の取り組みも人気の理由が隠されています。目黒区ではそれぞれのエリアの特性に対応した、きめ細やかな行政サービスを提供しています。目黒区では、区域を22の住区に分割しています。そしてそれぞれの住区に行政サービス専用の窓口を設けています。このように細かな配慮をすることで、より地域に密着した街づくりを行っています。

各住区には、区立の学童保育クラブが設けられているのですが、月額8000円で利用することができます。小学校の数を上回っているというので、子供を入れたくても入れられないという事態の起きることはまずないでしょう。

そのほかにもランドセル来館制度が目黒区にはあります。文字通り、児童館にラドセル姿のまま来館することができるもので共働きや片親で、仕事中子供をどこかの施設に預けようと思っている親御さんには十分な環境の整っているところも魅力の一つといえます。



-周辺エリア・土地の魅力

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.