結婚・同棲

結婚前の同棲、した方が良い?メリットやデメリットについて

更新日:

結婚を意識したら同棲をした方が良い事の理由を探る

お付き合いをしている恋人との結婚を決める際にはさまざまな部分をしっかりと見抜かなければなりません。結婚してから、こんなはずじゃなかったと後悔しないためには同棲をするべきなのか、同棲せずストレートに結婚してしまった方が良いのか、どちらが良いのでしょうか。

価値観を知るためには同棲したほうが良い

結婚生活を続けていくためにはお互いの価値感がある程度一致していないと非常に厳しいと言われています。例えば食品を購入し残っているものは上手に使いながら節約して生活をするという考えを持っている場合、どちらか一方が残ったものはすぐに捨ててしまうという価値感を持っていると、常に喧嘩になってしまうこともあります。

お金を無駄に使ってしまうため生活が厳しくなるなどのトラブルが出てきてしまいます。その他にも価値感というのはいたるところに影響を及ぼしてくるので、まずはこの価値観を知るためには結婚前に同棲生活を経た方が良いでしょう。人の価値感というのは簡単に変わるものではありませんから、いざ結婚して価値感が違うからといってすぐにこれを改善し、幸せな結婚生活が送れるかといえば難しい部分があります。

現実的な問題として月々の生活費にも大きな影響を及ぼしてくる部分ですから、やはり価値感は事前に知っておいた方が良いでしょう。外でのデートを重ねているだけでは具体的な価値観を知ることはできず、毎日一緒に生活をしてみて初めて分かる部分となっています。

同棲せず結婚するには固い決意が必要になる

同棲をせず結婚してその後一緒に生活をしていくためには、本当に固い決意が必要になります。お付き合いをしている間は、もしお互いがうまくいかなければ交際を終了させることもできますが、結婚するとなればそうもいきません。

結婚しても上手くいかなければ離婚すれば良いという考えをお持ちの方もいるようですが、結婚というのは2人だけではなくお互いのご家族も関係してくるものになります。またお2人だけで離婚問題にぶつかってしまった時には比較的円満に解決することもできますが、結婚後に子供が生まれた場合には離婚したいと思っても子供のことを考えれば簡単に離婚するわけにはいきません。

ですから、嫌なことがあっても我慢しながらお互いに乗り越えていくという決意が本当に硬くなければ、同棲せず相手のことを本当によく知らないまま結婚するのは厳しいと言えるでしょう。反対にこれだけの固い決意ができれば、同棲をしないまま結婚生活を始めてもお互いに努力をしながら幸せな結婚生活を送っていかれるのではないでしょうか。

同棲したほうが結婚を認めてもらいやすい

今までお付き合いをしていた恋人と結婚することになったときには、ご両親にも話をすることになりますが、お互いをじっくり知らないままで結婚をすることに対し反対されてしまうこともあります。まずは結婚に向けて同棲をするという方法で承諾を得ることができれば、その後ある程度の期間は同棲生活を続け結婚をする際にもスムーズに認めてもらう事ができるでしょう。

それだけ結婚生活には相手のことを具体的に知るという部分が必要になってくるため、深刻に考えなければならない問題です。
交際をしている間もご両親と頻繁に顔を合わせるような関係であればイメージもつかめているので印象次第では結婚を認めてもらえることもあります。

ただし結婚して、上手くやっていかれるのだろうかという心配などもあるので、こういった部分ではやはり事前に同棲生活をしている方が、ここまでやってこれたのだから今後の結婚も上手くやっていけるだろうという安心感をご両親に与えることができます。このようなことを踏まえて、トータル的に考えてみると、やはり結婚する前の段階で同棲生活をする方がメリットは多いといえるでしょう。



-結婚・同棲

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.