結婚・同棲

恋が長続きする間取りとは?物件探しに役立つヒント

更新日:

間取りによって同棲生活の利便性が変わってくる

ファミリーやカップルなど、それぞれに向いている部屋の間取りというのは違っています。特に恋人同士が同棲をする際に幸せな暮らしが送れる間取りは、どのようなものなのか考えてみましょう。

最低でも2部屋は欲しい

カップルが2人で生活するのであれば最低でも2部屋は欲しいところです。そのため2K というのが最低基準になってくるでしょう。一つの部屋を寝室、そしてもう一つの部屋をリビング代わりに2人が一緒に過ごすスペースとして使用すると良いです。

また欲を言えば、それ以上のお部屋があった方が良いですが、そうなると家賃が高くなってしまうようなリスクもあるため2LDK などが望ましいといえます。2LDK の間取りであればリビングダイニング部分もあるので、食事スペースとして使い、さらにその他を居間、寝室とそれぞれを個別に使用することができます。

これだけのスペースがあれば、ある程度の荷物があっても置くことができるため、狭く感じてしまうことも少ないでしょう。やはり生活していく上で衣食住に対する荷物はそれぞれで増えてしまうものですから、洋服だけでなくその他にも家具が増えることや家電が増えることも考えておきましょう。

リビングが真ん中になると良い

2部屋の賃貸物件を探す際に、できるだけリビングスペースが居住空間の真ん中にあるような間取りが望ましいといえます。なぜならば必ずリビングを通らなければ居間、そして寝室といったスペースに移動することができないため顔を合わせる機会が増えるからです。

たとえ喧嘩をしていてそれぞれが違ったスペースで過ごしていても、毎日一瞬でも顔を合わせる事はとても大切です。全く顔を合わせないまま数日間が経過してしまうことよりも、ある程度顔を合わせる時間がある方が仲直りもしやすいです。声をかけるきっかけにもなり、良い事がたくさんあります。

また、リビングを中心として生活動線も非常に便利なものになるケースが多く、入浴の際や就寝の際などにも動きやすいといえるでしょう。リビングと、その他の部屋が離れているとリビングで食事をしない場合には、わざわざ食事を運ばなくてはならず面倒に感じてしまうこともあります。

リビングが中心であればこういった部分を考えても比較的手間が無く、食事の配膳などもしやすいといえます。特に来客があった際などにはバタバタとキッチン、お部屋を移動することがあるため動きやすい間取りを意識しておく事も大切です。

バス、トイレ別が理想的

どんなに仲良いカップルであっても同棲をする際の間取りとして、バストイレ別ということは念頭におきましょう。バストイレが一緒になっているタイプの設計は比較的家賃がリーズナブルですが、リラックスできるタイミングでプライバシーがなくなってしまいます。

ゆっくりと一人でお風呂に入りたいと言ってタイミングやお手洗いに入りたいというタイミングで、1人だけの空間ではなくなってしまうことがあります。かといって、どちらか一方を使用している場合にはもう一方を使用禁止にするということも出来ません。

特にお手洗いに関しては禁止してしまうことで、健康への被害なども出てきてしまうためどちらか一方がシャワーを浴びているタイミングでお手洗いをもう一方が使用するということが出てきてしまいます。

女性の場合にはこのような環境に慣れるのは難しく、抵抗を感じてしまうことも多いのでバストイレはそれぞれ別の作りになっている間取りが良いでしょう。同じスペースの中にお手洗いとお風呂が設置してあるというケースであっても扉1枚を隔てるような作りが良いです。



-結婚・同棲

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.