結婚・同棲

同棲する前にガスの種類を確かめるのは基本!都市ガス?LPガス?

更新日:

都市ガスとLPガスの違いについてを知ってから決断しましょう

光熱費といえば電気代、ガス代水道代が含まれてくるのですが、賃貸住宅を探す際にはそこで使用されているガスが都市ガスなのかLP ガスなのかを必ず確認しなければなりません。これを確認しないで入居してしまうとガス代が想像以上に高く経済的に苦しくなってしまうことがあります。

なぜガスの確認が必要なのか

なぜガスの確認が必要なのかというと料金に大きな違いが出るからです。最初にもお話した通り、ガス代は公共料金であり光熱費の一つとして認識されていますが、それはあくまでも都市ガスに関してのみ。

LP ガスというのは都市ガスと違って公共料金には含まれてきません。それぞれの会社が自由料金として設定しているものですので、会社によって料金も大きく変わってきてしまいます。

リーズナブルな会社であればもちろん都市ガスと同じようなコストで月々生活をする事が出来ますが、料金設定の高い会社で契約をしてしまうと、どうしても経済的な圧迫が大きくなります。

基本的には都市ガスの方が良いので、まずはこの部分をしっかりと確認してから契約する物件を決めるようにしていきましょう。生活費に大きく関わってくる問題ですからとても重要な部分になります。

LPガスは高いけど復旧が早い

LP ガスは前述の通り自由料金となっているので、会社によっては驚くほど高い設定の場合もあります。しかし、万が一自然災害などによってライフラインが断たれてしまった場合、都市ガスに比べるとLP ガスの方が復旧が早いといった特徴があります。

そのため万が一のことを考えてLP ガスを使用する物件で契約をすると言う判断も一つの選択肢になります。特に地震の多い地域などの場合には、こういった選択方法も重要なものだといえるでしょう。自然災害などによって、こういったライフラインが断たれてしまうと生活をするにも非常に困ります。

たとえ周りの物件が都市ガスで復旧が遅いといった状況でも、LPガスの普及が早ければ自分たちだけではなく、近隣の方々も一緒に協力し合いながら復旧を待つことができるでしょう。万が一の際には支えあうことが大切ですので、こういった部分では都市ガスよりも重宝するといえます。

ニーズによって選んだほうが良い

上記のようにガスにはそれぞれ特徴があります。料金だけを考えるのであればやはり都市ガスの方がお勧めですが、ここはニーズによって違ってくるため月々しっかりと節約をしながらLP ガスでもリーズナブルに抑える、さらには万が一の災害などに備えたいと考えるのであればLP ガスを使用する物件でも問題ありません。

ただし、一度契約をしてしまうと、特に賃貸物件の場合には自分たちの住居だけを安くしてもらおうと考えたところで、ガス会社に交渉しても門前払いを食らってしまうことがあります。交渉する余地そのものはありますが、多くの場合で相手にされませんのであらかじめ料金がどのくらいなのかということも調べてから最終的な判断をした方が良いでしょう。

ガス料金は洗い物、そして湯船に使用するお湯やシャワーいうのはもちろんですが、その他にも洗面所を使用する際などにもガスを使います。どこまで節約できるのか、またガス料金に対し、1ヶ月どれだけ費用を支払うことができるのかという部分から恋人と相談し、今後使用するガスについてを検討してみましょう。



-結婚・同棲

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.