結婚・同棲

同棲・結婚に向けての部屋探しは何を重視するべきなの?

更新日:

周辺環境からチェックしていく事!生活のしやすさを考える

同棲をする際の物件探しはとても楽しいものです。新築であることや、とにかく内見がきれいなことなど重視したいものはたくさんあるでしょう。しかし現実的には重要視するべきポイントがずれている事も多いので、本当に大切な部分を見落とさないように物件選びをしていきましょう。

利便性を優先すること

まずは利便性が良いことが一番になります。職場までどれだけの距離なのか、また公共機関を利用することができるのかなどに関してしっかりとチェックしておきましょう。

お部屋選びをする際にはどちらか一方が部屋探しをするのではなくて、2人で相談しながら探すということも大きなポイントになってきます。またそれぞれのご実家と行き来をするようであれば、こうした部分もある程度は考慮していかなければなりません。

2人とも地元が同じで時間もさほど遠くないといった状況であれば、中間地点等で探してみると良いでしょう。ベランダに出るとすぐに表通りがあり幹線道路で車の音がうるさいなどという場所はとても生活がしにくいです。そのため騒音などにも悩まされない物件を探すようにしてください。

明るい道に囲まれている物件

男性が一人暮らしをする場合には多少周辺環境が物騒であってもさほど問題にはなりません。しかしながら同棲生活というのは女性が生活をすることになりますので、周辺環境はできるだけ明るい方が良いです。

特に公共機関を利用してお仕事や学校などに行く場合には、帰宅するまでの道のりに街灯が設置されているかどうかを一度チェックしてみてください。街灯がなく真っ暗な道の場合は夜遅い時間になってからの帰宅がとても不安になります。毎日恋人が駅まで迎えに来てくれれば安心ですが、何年もこれを続けるのは難しいと言えるでしょう。

どうしても迎えにこれない時などのためにも明るい道が続いている物件を選んだ方が良いと言えます。また駐車場などに関しても車を所有しているのであれば、物件の敷地内に駐車場があるのか、それとも別で借りなければいけないのか駐車場までの距離は、などチェックするべきポイントは意外とたくさんあるものです。

初期費用はできるだけ安く

近年では敷金礼金が不要の物件も多くなってきましたが、できればこのような物件が良いでしょう。敷金礼金だけでも金額が大きくなってしまいます。

またその他にも保険などを支払わなければなりませんので、こういった部分でも初期費用を出来るだけ少なく出来る物件を選んでください。契約をする際には敷金礼金、前家賃、さらに火災保険料や鍵の交換費用などが必要になってきます。

その他必要な家具家電などを購入しなければならないので、保険契約での費用できるだけ抑えれば抑えるほどその後の準備も助かります。また敷金礼金に関しては不動産業者と交渉することもできるので、2ヶ月と提示されたものは1ヶ月分にしてもらえないかなどの交渉も一度は行ってみましょう。



-結婚・同棲

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.