結婚・同棲

大好きな人との生活が長続きするためのコツとは?

更新日:

お互いをずっと大好きでいるための工夫点について

同棲生活が始まり、最初の頃は大好きな人と毎日一緒にいることが嬉しくて仕方がありません。しかし時間が経過するとともに様々な問題が出てきてしまいます。

そういった問題に対し、幸せな生活を続けていくためには、お互いが努力をしなければなりません。どの部分で努力が必要になるのかということや、幸せに暮らしていくためのポイントなどをご紹介します。

お互いの時間を大切に考える

2人が一緒に生活をするようになって多くの時間を共有するようになっても、それぞれの時間というものは必ず存在しています。どこに行くにも一緒、何をするにも一緒というわけにはいきません。にも関わらず恋人が友人と遊びに行くことを禁止してしまったり、仕事が終わったら必ず直帰するなどといういる束縛をしてしまうと息苦しくなってしまいます。

これまでは毎日一緒にいることができず、さみしくても我慢をしなければならないという状況の中お付き合いをしてきましたが、同棲生活を始めてさらに一緒に過ごす時間が増えるだけでも幸せなことだと思いましょう。お互いの時間を優先していくことも重要なポイントです。

これができないと、やはり上記の通り息苦しくなってしまい家に帰るのが嫌だという気分になってしまうことがあるので、恋人を束縛してしまうのは避けた方が良いでしょう。隠し事をせずお互いの時間を過ごしていくことも尊重していかなければなりません。

二人で貯金をしていく

同棲生活を始めると、どうしてもお互いの関係がマンネリ化してしまうことがあります。そのため、時にはおしゃれなお店にディナーに出かけることや思い切りデートを楽しむこと、さらには2人で旅行に出かけるなどということも必要になってきます。そういった場面でお金がなければ何もできません。

将来的なことを考えて結婚のためというのはもちろんですが、それ以前でも毎月少しずつ2人で貯金をしていくようにしましょう。例えば貯金箱を購入し、小銭貯金をしていくという形でも構いません。お金が貯まったらどこに行こうかと2人で話しながら楽しみにすると良いでしょう。

2人で一つのことを目標にすると幸せな関係は長続きします。それぞれが個別に貯金をするのはもちろん良いことになりますが、それとは別の部分で2人が同じ目的を持ち貯金をしていくことも同棲生活に取り入れてみてください。

食事についてのルールを作る

基本的には毎日一緒に食事をすることになりますが、どちらか一方がお仕事の都合が悪く一緒に食べられないときなどもあるでしょう。そういった時には帰りが遅くなることや食事の準備が不要なことをパートナーに伝えてください。そうしなければ、いつまでもパートナーは一緒に食べるつもりで食事を待っていなければなりません。

家事分担をするにも、こういったこまめな連絡というのは非常に大切で、特に食事については必ず連絡を取り合った方が良いです。また食事のメニューなどについてもお互いに相談しながら毎日食べるものを考えていくと良いでしょう。

女性が食事を作る場合、自分の好きなものばかりを作ってしまうと男性はスタミナが足りなくなることやボリュームが足りず不満に感じてしまうこともあります。お互いの好みを把握するのはもちろんのこと、帰宅してから食べるのかという部分、さらには具体的なメニューについても可能な限り2人で頻繁に話題にすると良いでしょう。

節約する部分を決めておく

お互いがそれぞれ好き勝手にお金を使っていたらいつまでもお金は残りません。そのため、最低限の節約する部分を決めておきましょう。

使わない電気は消す、ということやお酒を飲むのであれば、1日どのくらいまでという部分で節約ポイントを決めておけば節度を持って生活をすることができます。あらかじめこのような部分を決めておかないと、生活するようになってから常にぶつかり合い喧嘩をする日々になってしまうので2人の将来のためにも同棲生活を始めた段階で節約を取り入れていきましょう。



-結婚・同棲

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.