結婚・同棲

同棲準備に必要なのは親への挨拶が最優先!絶対に報告しましょう

更新日:

二人の気持ちだけでなく、親への挨拶や手続きも準備があります

恋人と話し合いをした結果、同棲をすることになったら色々とやるべきことがあります。自分たちの判断だけで物事を進めて良いわけではありません。当然ですがそれぞれにご家族がいてお仕事や学校などもありますので、こういった部分でもやるべきことをしっかり済ませてから同棲生活を始めましょう。

同棲を決めたら両親への挨拶をする

まずは同棲するということは、それぞれのご両親に報告しなければなりません。ご両親に何の報告もせず家を出てしまうようなことがあると大きな心配をかけてしまいます。また自分がお付き合いしている恋人のイメージも悪いものになってしまうので必ずご両親には話しをしましょう。そしてお付き合いをしている恋人のご両親へ挨拶に行く事も忘れずに行います。

このときご両親から反対意見が出てきたりお説教を食らってしまうこともありますが、本当に自分たちが同棲し、しっかりと生活をして行きたいと言う決意を伝えて納得してもらえるように話をしなければなりません。反対されたからといって無理に家を飛び出してしまうようなことは避けましょう。

同棲するということは、その後最終的には結婚を視野に入れているわけですから、こういった部分からも、やはり強引な行動に出てしまうと後々自分たちが困ることもたくさんあります。円満な形で同棲生活が始められるようにお互いが努力をするべきです。

住所が変わることの手続きをする

会社勤めをしている場合や大学に通っているなどの場合、同棲をすることによって住所は変わります。そのため、こういった部分での住所変更手続きなどをしなければなりません。

同居人として生活をする場合には住所を実家に置いたままというケースもありますが、同居としてでも恋人と生活をする場所に住所を移すのであれば、かならず学校や勤務先での手続きを行いましょう。特に難しい手続きではありませんので短時間で行う事ができます。

これを行っておかないと、郵便物等がいつまでも実家に届いてしまうことになるため非常に不便です。また同棲生活を始める前に一人暮らしをしていたという方は、それまで生活をしていたところに届いてしまうので、自分の手元には届かなくなってしまいます。郵便局への転居届をはじめ必ずこういった手続きは行いましょう。

様々な覚悟をする

同棲をしていくには前述の通り、最終的には結婚を視野に入れるということになります。また今までは外でデートを繰り返しながら付き合ってきた相手と毎日一緒に顔を合わせて生活をしていくことになるため、嫌な部分が見えることもあるでしょう。

それでもうまく付き合っていかれるといった決意も必要になります。またお互いにうまく付き合っていくための努力をする決意も必要でしょう。

両親に話をした上で同棲生活を始めるわけですから、短期間でうまくいかなかったと言って出戻るわけにもいきません。それぞれが自立した生活を送りながら、できる限り良い関係を築いていかれるように喧嘩をしてしまうことがあっても、常に向き合うといった心構えが必要になります。



-結婚・同棲

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.