結婚・同棲

同棲の契約は誰がすれば良いの?二人ともするの?

更新日:

同棲の契約は基本的にどちらか一方で良い

大好きな人と一緒に暮らすことになったとき、幸せな気分でいっぱいになります。同棲を始める前には様々な手続きなどがありますが、まず物件を探して契約をする際にはどのような形で契約をするのが良いのでしょうか?

基本的には男性の名義が多い

多くの場合で同棲を始める際には男性側の名義になるということを覚えておきましょう。何らかの事情がない限り、女性側の名義になるということはほとんどありません。男性が自分の名義で部屋を借り、そこに同居という形で女性は名前を記入することになります。

まだ結婚したわけではありませんので家族ではなく、あくまでも同居人としての扱いになってしまいますが、これは契約上仕方のないことです。そのため部屋の保証人になるのも基本的には名義になる男性側のご両親どちらかということになってくるでしょう。

両親が同棲に反対していて保証人になってくれないという場合には、女性側のご両親が保証人になるケースもあります。ただしこういったケースでは、不動産業者から事情を聞かれたりすることもあります。やはり業者側としてもトラブルなどを避けたいためしっかりと同棲することを双方のご両親が把握しているという事は大前提になってくるでしょう。

共同名義の場合にはシェア対応の物件

男性と女性が共同名義にしたいといった場合にはシェアハウスを利用するという形になります。基本的に賃貸物件では共同名義で一つの部屋を借りるということがなく、シェアハウスとしての扱いになってしまいます。そのため、あえて共同名義にする必要はなく前述の通り基本的には男性に事情がある場合には女性側の名義とし、もう一方は同居人という形で契約をしましょう。

もちろんご本人が気にしなければシェアといった形でも問題ありませんが、この場合にはそれぞれに分担する家賃の支払いなどが少ないながらも明確に請求されることになります。ですから同棲してある程度アバウトに生活費などはお互いに負担したいと考えているのであれば、同居という形を取った方がスムーズです。

反対に全てを折半しながら生活をしたいどういう状況であればシェアハウスを利用するのも良いでしょう。ただしシェアハウスの場合には、2人で住めるという部屋でなければ他にも住人が増えてしまうことになるので不便に感じることがあります。

隠れて同棲するのは避けたほうが良い

賃貸物件の契約をする際にどちらか一方が一人暮らしをするといった形で契約してしまい、不動産業者や大家さんには内緒で同棲をしているという人々もいます。しかしこのようなケースでは後から契約違反になってしまうことがあるので注意してください。

最悪の場合には退去通告をされてしまったり、隠れて同棲していた期間をさかのぼって違約金の請求が行われてしまうようなこともあります。必ず同棲するということは契約の段階で不動産業者に伝えておきましょう。



-結婚・同棲

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.