暮らしと子育て

ストレス軽減!子育てでイライラしない住まいの空間づくりで毎日笑顔

更新日:

子育てをしていると子供の行動や、その他自分自身が家事や仕事などに追われて何かとイライラしてしまいがち。

できるだけ子育てをしながらでもイライラしない住まいの空間づくりを心がけましょう。

おしゃれな空間も非常に大切ですが、子育てでイライラしないための住まいの空間作りを心掛けると、ストレスを感じにくく日常が楽になります。

 

ゆったりくつろげるソファやテーブルセット

 
疲れたときやリラックスタイムにはゆったりとくつろげるソファー、その他テーブルセットなどを準備しておくと良いでしょう。

床に直接座るタイプのテーブルを設置しておくと、行動を起こす時の負担が大きく特に疲れている時には立ち上がるだけでもイライラとしてストレスを感じることがあります。

また子供が遊んでいる足音などが響いてくるため、そういった振動がストレスになってしまうこともあるでしょう。
思い切り寄りかかれるようなソファ、それから背筋を伸ばしてゆっくりと座れるテーブルセットなどがあると、ティータイムも過ごしやすくなります。
ソファーの場合には、短時間でもそのままうたた寝をすることができて、とても重宝します。

 

フローリング、階段にはマットを活用

 
近年では畳を使ってお部屋を作るといったご家庭は少なく、フローリングを望む傾向にあります。

しかしフローリングというのは子供が元気に走り回る足音が非常に響いてしまうもの。
おもちゃを落としたりするだけでも大きな音となって聞こえてきます。

毎日のようにこういった生活の中、まったくイライラせず過ごすのは非常に難しいと言えますよね。
少しでも子供のバタバタとした足音や物事を防いでいくためにも、フローリングそして階段にはマットを敷いておきましょう。
一戸建て住宅の場合でも案外お隣のご家庭に子供が走り回る足音などは聞こえているものです。
アパートなどの賃貸住宅であれば、さらに聞こえてしまうのでマットを活用しておけば足音や物音を軽減することができます。

壁には常に模造紙を貼っておく

 
お絵かきをするためのノートを買い与えていても、子供にとって壁は非常に大きなキャンパスとなるので、壁に落書きをしてしまうことは珍しくありません。
「ここには書いちゃダメ」と言っていても素直に聞くことができず、気が付いたら落書きだらけで手遅れだった…なんていうこともあるでしょう。

そのため壁に落書きをしたくなる年頃の子供を持つご家庭は模造紙を貼っておきましょう。
壁とは違った色の模造紙を貼り、ここにならいくらでも落書きをして良いよと教えてあげます。

その代わり、はみ出して落書きをすることがないようにしっかりと教えてあげましょう。
大きなキャンバスである壁の一部に自分が落書きを出来することができると思うと、子供はとても喜びます。

もちろんママやパパとの約束もしっかり守ってくれるようになるでしょう。
万が一壁に落書きをしてしまった時には、なぜ困るのか、どうしていけないのかということもあらかじめ説明してあげる事も大切です。

この方法であれば、模造紙を変えるだけで良いので子供にペンを待たせないように気を配ることや、壁に落書きをされてイライラしてしまうということがありません。

 

寝室はシンプルイズベスト

 
寝室に子供が遊べるスペースを作るご家庭もありますが、できるだけ寝室はシンプルイズベストにまとめた方が良いです。

やはり、1日の疲れを取るための場所なので、ここに子供の遊べる空間を作ってしまうと本当に疲れていて眠りたいときでも子供が遊びだしてしまう可能性が高くなります。

ここは遊んで良い場所といったイメージは持たせないためにも、寝室をシンプルにまとめ、夜になったら眠る場所と覚えさせましょう。
こういった空間作りをすることによって、毎日の生活の中でもイライラすることがなくなり、子供と一緒にたくさん笑いながら過ごせるようになります。



-暮らしと子育て

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.