暮らしと子育て

子育てを楽しく!引越し時の子育てに便利な住宅設備はどんなもの?

更新日:

子供ができて、これから引越しをしようと考えた場合、子育てに便利な住宅設備が揃っているかどうかをしっかりとチェックしておきましょう。

住んでから不便さを感じつつ、新たに引越したいと思っても簡単にできるものではありません。
引越しをする前の段階でチェック、そして納得することが大切です。

 

バリアフリーな造りは安全

 
一戸建て住宅であっても、その他賃貸やマンションなどであってもできるだけバリアフリーを取り入れた場所への引っ越しがお勧めです。

バリアフリー設計になっていれば段差につまずいてしまうことがなく、まず子供の安全を守ることができます。
さらに引越しをする際に荷物の運び込みを考えても段差が無い方が良いでしょう。
ちょっとした段差に大切な家具などがぶつかり傷ついてしまうこともあります。

歩く前の赤ちゃんを連れての引越しであっても荷物の片付けをしている間、赤ちゃんが段差から落ちてしまうような心配がありません。
ほんの少しの段差から落ちてしまっただけでも小さな子供には大きなダメージとなってしまいますので、段差の少ない環境が望ましいといえるでしょう。

 

食洗機があると重宝する

 
引越しの時、子育てに便利な住宅設備というのはママやパパにとっても便利だと思えるものがたくさんあります。

キッチンの食洗機などが良い例ではないでしょうか。
特にビルトインタイプのものであれば、かさばらず使わない時には収納しておくことができます。
育児をしながらの家事というのはちょっとした時間でも忙しく大変に思えるもの。

洗い物を食洗機が行ってくれることで手間を省くことができます。

さらにはしっかりと高温で乾燥してくれるため、細菌の繁殖などに関しても安心できるのではないでしょうか。

 

お風呂のシャワーは切り替え式

 
お風呂場のシャワーは切り替え式になっている方が望ましい設備といえます。
シャワーヘッドのみを変えることもできるので、もし住宅設備として導入されていなければ自分で変えても良いでしょう。

いくつかの切り替えができるタイプは小さな赤ちゃんから大きなお子様まで順応することができます。

特に小さな赤ちゃんに強いシャワーを当ててしまうと水を怖がることがありますが、切り替えて弱くすることができれば赤ちゃんの皮脂汚れなどをしっかりと落とし、なおかつ水が怖いといったイメージを与えません。
また、パパやママが疲れたときにもシャワーを切り替えて簡単な水圧マッサージをすることができるので、こういった部分でも非常に重宝してくれる設備の一つと言えます。

 

リビングのテレビスペースは壁付き

 
常に家族全員が集まるリビングでも便利な設備は要チェックポイント。

テレビを設置するスペースにテレビボードを置くと、それだけでも部屋が狭くなります。

お掃除をする際などにもわざわざボードをどかして掃除機をかけなければなりません。

そこで、あらかじめ壁付になっているタイプの住宅ならばこういった部分が全て解消されますし、お掃除をするときにも移動させる必要がなく、拭き掃除をすれば良いだけ。

あらかじめ設置されているものですので部屋が狭く感じることもありません。
テレビだけではなくレコーダー等に関してもしっかりと収納することができるほか、リビングも広々と使うことができるので子供が遊ぶにも非常に良い設備となっています。

引越しをするときに子育てに便利な住宅設備をチェックしておくというのは案外忘れてしまうしまいがち。
多くの場合で収納スペースやキッチンの使い勝手、お風呂の広さなどを重視して選んでしまうのではないでしょうか。
上記したようなポイントにも目を向けてみることで今後の生活がより快適になるヒントが隠されています。



-暮らしと子育て

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.