住まい・暮らし

人気の高い角部屋物件のメリットデメリットを調べてみた

投稿日:

採光は魅力的!でも落とし穴にも気を付けて

 

角部屋のメリットはどこに?

マンションやアパートの中でも比較的人気の高いのが、角部屋の物件です。

人気がある分、他の部屋と比較すると賃料の高くなる傾向が見られます。
多少割高な物件でも人気の理由はいくつかあります。

 

明るく気持ちよく過ごせる

角部屋の場合、2方向が外側に開けているので窓の数や面積もほかの部屋と比較すると広くなります。

このため、他の部屋と比較して日当たりが良く日中は照明がなくても明るいです。

また2方向に窓がある分、景色もより広く見られますから開放感が高いです。
窓が2面についているため、両方の窓を開ければ、風通しを確保できます。

風が部屋の中に入ってきやすいので、気持ちよく過ごせるわけです。

 

プライバシーを確保できる

中部屋の場合住人やお客さんが廊下を行き来するでしょう。
しかし角部屋であれば行き止まりの形になるので、自分の部屋に用事のある人しか部屋の前は来ません。
見知ら歩人が部屋の前をうろうろすることもなくなるので、プライバシーをしっかり担保できます。

また中部屋の場合、両側がほかの部屋と壁一つ隔てて密接している形になります。
しかし角部屋の場合、一つしか隣の部屋と隣接していないので生活音を気にする必要も中部屋と比較すると軽減されます。

日常生活に支障をきたすリスクも少なくできますし、ご近所トラブルの発生するリスクも軽減できます。

 

中部屋よりも広い部屋も多い

物件の構造上、角部屋は中部屋と比較すると広めに設計されている場合も少なくありません。このため、角部屋を借りることができればのびのびとした暮らしができるでしょう。

 

角部屋のデメリットにも注意

上で紹介したように角部屋には、いろいろなメリットがあります。
そのため人気の物件になるわけですが、角部屋にはいくつかデメリットのあることも理解しておかないといけません。

 

外気の影響をモロに受ける

2方面に窓の設置されている角部屋の場合、外気に触れる面積がどうしてもほかの部屋と比較して大きくなります。
晴れているときには日差しがより部屋の中に入ってきますし、外気が冷えるとその冷えた空気をより広い面積で受けてしまいます。

その結果、夏は暑くて冬は寒い部屋になりかねません。
このため、エアコンを使う頻度がどうしても多くなります。

しかも快適な室温にするためには、それなりにエネルギーが必要になって電気料金が跳ね上がる危険性があります。
角部屋の中でも耐熱性に優れた窓が取り付けられているのであれば、このような外気の影響を最小限に食い止めることも可能です。

冬場に寒くなって、暖房をつけることもあるでしょう。

暖房をつけたときに、結露の発生するリスクはどうしても高くなります。

結露対策をしておかないと、部屋の中でカビが発生してしまう危険性も出てきます。

 

風通しが良いとは限らない?

角部屋の場合、2方向に窓が設置されているので風通しのいい所がメリットと紹介しました。
しかしどの角部屋でも風通しが十分であるとは限らない点にも留意する必要があります。

一般的に盗難の角部屋の場合、風通しは十分期待できます。しかし南西の角部屋の場合、風は両方の窓を開けてもあまり通らない傾向が見られます。

角部屋だから風通しが良いだろうと安易に考えずに、どの方向に開けているのかもチェックすることが大事です。

 

窓が多く家具が置けない

窓の目の前に家具を設置すると、せっかくの日差しや風通しの意味がなくなってしまいます。そこで家具の配置を考えるとき、なるべく窓のついていない壁にレイアウトしようとする人が多いはずです。

しかし角部屋の場合、2面を窓に使われているので壁の面積が中部屋と比較すると狭くなります。

その結果、当初持ち込もうと思っていたインテリアを全部配置するのに苦労するかもしれません。引越しをする前に物件を見学する機会があるでしょう。

その時にこの目で間取りの確認をして、どこにどの家具を配置するか、具体的にシミュレーションしておくと良いでしょう。

 

景観重視の人におすすめ

角部屋はこのようにメリットデメリット、両方いろいろと特徴があります。多少家賃も高めですが、それでも部屋から見える景色を重視したい、広い部屋が良いという人にはオススメの物件といえます。

角部屋は早めに埋まってしまうので、角部屋希望の人はこまめに情報収集して、気に入った物件があれば早めに不動産屋とコンタクトをとることです。



-住まい・暮らし

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.