住まい・暮らし

方角で物件探し・方位磁石と風水の使い方のコツを知る

更新日:

風水の世界では正面方位が重視されるのがポイント

 

正面方位とはどうやって測るの?

物件探しをするにあたって、風水を重視する人も数なくありません。
書籍やインターネットのサイトを少し調べただけでもいろいろな風水に関する情報を入手できます。

風水の条件の良い物件で暮らして、少しでも運気を上げたいと考える人が多いです。

風水では方角がどうなのかが重視されます。
風水の世界では、正面方位をベースにして運気などの鑑定をします。
正面方位とは、建物の玄関のドアがどこを向いているかを意味します。

風水にこだわる人の中には、太陽の方角を見てだいたいの方位を想定している人も多いようです。
しかしこの方法だと正確に方位を理解することができず、ゆえに的確な風水を実践できなくなります。

正面方位を計測するためには、まず玄関の部屋側でドアの正面に立って玄関の外に向かって、方位磁石をチェックしましょう。

その後向いている方角を変えないようにして一歩部屋側に、一歩玄関の外に出て、その時点における方位磁石の指し示している方角を確認します。

なぜこのような3回も計測するかというと、電気や金属製品から出ている磁気によって正確な方位を磁石が示さないこともあるからです。
もし3カ所の方位が微妙に異なるのであれば、3つの計測の平均値をベースにしてみると良いでしょう。

 

方位磁石の使い方のわからない人はiOS 8のコンパスアプリを活用

先に紹介したように電気や金属の磁気の影響を受けて、時にうまく方位の観測が磁石ではできない可能性があります。
いちいち3度も観測するのは面倒と思っているのであれば、iOS 8のコンパスアプリと呼ばれるものがあります。こちらを利用すれば、簡単に玄関の方角なども正確に特定でき、風水的にいい物件かどうかをチェックできるはずです。

使い方は簡単で、アプリを起動させます。すると画面上にコンパスが出てきます。赤い矢印を示しているのが北側で、太い白線が端末を持っている皆さんが向いている方角というわけです。

コンパスだけでなく、その下側には方角と角度も文字と数字で表示されます。
その他にも現在地の緯度と経度なども出てきますから、現在地を特定するのに十分な機能が備わっています。

コンパスアプリには、干渉補正機能が搭載されています。

アプリを起動すると、赤いボールが登場してくるはずです。このボールを縁に沿って回転させると先ほど紹介した金属などの周囲の磁気によって方角が正しく計測できないといった事態を回避できます。

 

真北と磁北の切り替えも簡単

方角で北といわれると、一つしかないと思う人もいるかもしれません。しかし実際には、2種類の北があります。

真北と磁北の2種類で、日本では磁北が真北に対して西側に7度程度ずれているといわれています。

これは北極点の方角を指す真北と地磁気の指す磁北が少しずれていることが原因です。

ちなみに地図を見る場合には、真北を使うことが多いです。一方風水の世界では磁北を使って鑑定するのが正しいやり方だとされています。
iOS 8のコンパスアプリでは、どちらでも表示できるようになっています。

どちらのモードになっているかですが、設定をタップします。

その中にコンパスという選択肢があるはずですから、こちらを再度タップしましょう。すると「真北を使用」スイッチがどうなっているかチェックします。

もしこのスイッチがオフになっていれば磁北が表示されますし、オンになっているのであればオフにして風水の鑑定を行いましょう。

方位磁石を持っていない人も多いでしょう。
登山などが趣味な人でないとなかなか所有していないものです。しかしコンパスアプリを入れておけば、引越しをする時の手軽に方位の確認ができます。

その他にもたとえば初日の出の方角を確認するときなどにも活用できるので、インストールしてみるのはいかがですか?



-住まい・暮らし

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.