売却・査定

不動産を売却したい!そのための第一歩はREGuide不動産一括査定サービスの活用から

更新日:

不動産系サイトの中でも屈指の老舗!大手SBIグループの不動産一括査定


>>>老舗の不動産一括査定業者は「REGuide」!

業界でも屈指の老舗のREGuide

不動産を売却しようと思ったら、まず価格をどうするかを考えないといけません。そのためには複数の不動産会社に査定してもらう必要があります。いちいち個別に不動産会社に査定を依頼すると時間がかかってしまいます。そこでお勧めしたいのは、不動産一括査定サイトの活用です。

不動産一括サイトであれば、一度不動産情報を入力するだけで複数の不動産会社の簡易査定を受けられます。不動産一括査定サイトはいろいろとありますが、REGuideを利用するのがお勧めです。

REGuideとはもともと「SBI不動産売却一括査定」という名称でサービスを提供していました。SBI不動産売却一括査定は、SBIライフリビング株式会社というところが運営していました。このSBIライフリビング株式会社は2016年2月から、インターネットメディア事業を分割しました。そしてインターネットメディア事業は「株式会社ウェイブダッシュ」という社名で活動を開始しました。

この株式会社ウェイブダッシュが運営している不動産一括査定サイトが、このREGuideです。もともとはSBIグループの不動産一括査定サイトなので、知名度も高く安心して利用できます。

REGuideは今まで10年以上のサイト運営の実績があります。これは不動産一括査定の中でも老舗といえます。そのキャリアの中で培われてきた豊富なノウハウがサービスの中で生かされています。>>老舗ならではの豊富な知識と経験が実感できます

不動産業界と太いパイプを持っていて、査定に参加している不動産会社の中には有名な大手もたくさんあります。ざっと見ても、三井住友トラスト不動産や大京穴吹不動産、日本住宅流通会社、三菱UFJ不動産販売、近鉄不動産といった大手の企業が名を連ねています。

ちなみに大京穴吹不動産は、マンション供給戸数は全国1位の実績を誇ります。これだけ見ても、いかに不動産売却に強い不動産会社が参加しているかがお分かりでしょう。

>>>REGuideの公式サイトをチェック!

査定を受けるならREGuide・そのメリットはどこに?

不動産一括査定サービスを利用するにあたって、やはりどれだけ有名な不動産会社が多く登録しているかがポイントです。有名な不動産会社の査定を数多く受けることで、自分の物件がいくら程度なら売れるのか、相場観を養えるからです。

その意味ではREGuideはお勧めの不動産売却一括査定サイトといえます。REGuideには日本全国500社以上の不動産会社が参加しています。業界でもトップレベルのシェアを誇っている大手や金融機関や鉄道会社系のグループ傘下に入っているような不動産会社が数多く登録しています。>>有名どころばかり参加しているリガイド

大手不動産会社だけでなく、地域密着型の優良不動産会社も査定に参加しています。大手不動産会社にはない、地域ならではのノウハウを持っている地域密着タイプの不動産会社もあります。

このため、小規模でも地域密着のほうが高値に皆さんの物件を査定してくれる場合もあります。このように様々なタイプの不動産会社が参加することで、より高額で売却できる可能性も高まります。

REGuideの一括査定のメリットとして、ちょっとした合間に利用できる点も見逃せないところです。都道府県と市区町村、町名、物件の種類を入力するだけでその地域にマッチする不動産会社をピックアップしてくれ、査定を受けられます。

もちろん
無料で利用でき、以上の手続きを完了するまでにかかるのはせいぜい1分程度です。ネットサービスなので、24時間いつでも好きな時に利用できるのでどんなに普段忙しい人でもサービス利用できるでしょう。>>忙しいあなたの味方!

不動産売却は、普通の人であれば人生の中でそう何度もある事柄ではないでしょう。中には初めて不動産売却をする人も多いはずです。そのような人が不動産売却するにあたって、高く売却するコツや必要書類など手続きの流れについて知りたいという方も多いでしょう。

REGuideではただ単に査定ができるだけでなく、このような不動産売却にまつわるコンテンツが充実しているのもメリットの一つといえます。不動産を売却しようと思っているけれども、どのように手続きを進めていけばいいのかわからないという人は、REGuideのコンテンツをチェックしてみるといいでしょう。

>>>REGuideの査定を受けてみよう!

REGuideを利用したほうがいい3つのタイプとは?

REGuideの不動産一括査定を利用したい人として、以下に挙げる3つのタイプが考えられます。

1人目は不動産を少しでも高く売却したいという人です。不動産売却といっても、一戸建てやマンション、土地、店舗などいろいろな形態があります。不動産会社によって、どのような物件の売却に強みを持っているのか、少しずつ違ってきます。

REGuideの不動産一括査定は、様々なタイプの物件を取り扱っている不動産会社が参加しています。このため、皆さんの物件の売却に強みを持っている業者をマッチングしてくれた上で、査定を実施します。よって売却できる範囲で、高値を付けてくれる不動産会社が見つかりやすいのです。

2人目のタイプは、不動産をできるだけ早く売却したいと思っている人です。不動産売却する場合には、それなりの時間がかかりますし手続きを踏む必要があります。仕事で忙しい人の中には、「面倒だから後回しにしよう」と考えてしまう方も多いでしょう。

REGuideの不動産一括査定は不動産情報を入力するのに要する時間は、1分前後です。24時間好きな時に利用できるサービスなので、どんなに忙しい人でも時間を見つけて査定を受けられるはずです。
REGuideに登録している不動産は、押しなべて査定依頼に対するレスポンスの速い傾向があります。中には査定依頼するとその申込当日に査定金額を出してくれるところも見られるほどです。>>優良業者ばかりを選抜している

不動産の価値は特に建物の場合、時間が経過すればするほどどんどん下がっていく傾向があります。ですから不動産売却しようと思ったら、早めに査定依頼することが大事です。REGuideは素早く不動産査定してくれるので、手間暇をかけずに不動産売却したいと思っている人にお勧めなのです。

最後のタイプは、不動産売却したいけれどもどのようにして手続きを進めていけばいいかわからないという人です。不動産売却するにあたって、いろいろなステップを踏む必要があります。また売却手続きをする場合、いろいろな書類を準備しなければなりません。

REGuideはただ不動産の一括査定をするだけでなく、不動産売却するにあたって覚えておきたいコンテンツも充実しています。不動産売却初心者でもわかりやすいような読み物となっています。今は不動産売却する予定はないけれどもいずれはするかもしれないという人も、空き時間を使って勉強しておけば、いざ売却するときにスムーズに手続きを進められるでしょう。

>>>メリットの多い不動産一括査定業者とは??

REGuideは数多くの不動産会社が参加している

不動産査定サイトを利用するにあたって、どの程度の会社が参加しているかも比較のポイントです。数多くの不動産会社が参加している方が、それだけ選択肢が広がります。つまりより高値で皆さんの不動産を売却してくれる業者に出会いやすくなるわけです。

REGuideに参加している不動産会社ですが、500社を超えているといわれています。しかも日本全国のいろいろな不動産会社が登録しているので、どのような地方の不動産物件であっても査定できる不動産会社が見つかるはずです。

不動産会社の数が多くても、悪質なところも混ざっているのではないかと不安視する人もいるでしょう。実際数は多くないものの、不動産会社の中にはいわゆる悪徳業者もいることは否めません。

しかしREGuideでは、不動産会社が査定サービスに参加するにあたって独自の入会審査を実施しています。もし問題のある営業をしているようなところであれば、この審査の段階ではじかれます。>>信頼、安心のREGuide

このため、優良な不動産会社だけを厳選できています。悪徳業者に引っかかって、不当に安い価格で売り飛ばされるといった心配はないでしょう。

REGuideに登録している不動産会社を見てみると数はもちろんのこと、良質の企業の名前が数多く見られます。不動産業界の中でも屈指の大手といわれているような企業名がたくさん掲載されています。

一部を紹介すると、三井住友トラスト不動産や大京穴吹不動産、三菱UFJ不動産販売、日本住宅流通、センチュリー21、イエステーション、アットホームズ、朝日住宅…といった感じです。

不動産業界にあまり詳しくない人でも、どこかで聞いたことがあるとか親会社の名前なら何となく知っているという会社も含まれていたはずです。このように業界でも有名なトップ企業が多数参加しているだけでも、REGuideの信頼性の高さがうかがえるでしょう。

一方で地域密着した、中小の不動産会社も数多く登録しています。大手の不動産会社は日本全国をカバーできている半面、特定の狭い地域に関する詳しい情報を持っていないこともままあります。一方中小の不動産会社の場合、地域限定すれば大手でも知らないような情報・ノウハウを持っている可能性も高いです。

もちろん中小の不動産会社が登録する場合も大手同様の審査を通過する必要があります。つまり中小でも、それだけ信頼できる不動産会社が数多く登録していることになります。大手から中小まで、幅広い選択肢の中から選べるのでREGuideを利用すれば納得の価格で皆さんの不動産を売却できる可能性が高いわけです。

>>>REGuideに参加している業者は大手の有名所ばかりです!

REGuideで一括査定・どんな流れで依頼するの?

REGuideの一括査定サービスを利用したい、けれどもこの手のサービスを始めて利用するので心配という人もいるでしょう。しかし初めて利用する人でも、パソコンの基本的な捜査を理解している人であれば、問題なく手続きを進められます。

まずはREGuideの公式サイトにアクセスしましょう。「REGuide 不動産一括査定」のようなキーワードで検索すればヒットするはずです。

REGuideの公式サイトにアクセスすると、トップページに「約1分のカンタン入力 実績豊富な不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定します。」というコピーが上部に掲載されているはずです。この下に都道府県と市区町村、町名、物件種別を選択する項目があります。自分の物件情報をマウスでドラッグして決めて、「査定スタート」というボタンをクリックするだけで査定依頼は完了です。>>入力も簡単!時間は取りません。

出典:re-guide.jp

するとREGuideのほうで皆さんの物件や地域を見て、対応可能な登録不動産会社に物件情報を送信します。そしてREGuideから依頼を受けた不動産会社は皆さんの入力した物件情報を見て、査定金額を提示します。査定結果はメールにて届きます。

ちなみに一括査定の対象不動産会社は、最大10社までとなっています。多くの不動産会社の査定メールを受け取って、その金額を比較します。そしてどこに売却するか、候補になる不動産会社を絞り込んでいきます。最終的に売却の依頼する不動産会社が決まったら、売買契約を交わします。あとは不動産会社が買い手を見つけてくれるのを待つという流れです。

このように別に手続き上、難しいものは一切ありません。初めて利用する人でも問題なく自力で、不動産売買契約を交わすことができたという声は口コミサイトでも多数みられます。

>>>REGuideの公式サイトをチェック!

REGuideで査定依頼・必要書類などは準備すべき?

REGuideの一括査定サービスを利用するにあたって、何か必要書類を準備しなければならないのではないかと思っている人もいるでしょう。

しかしREGuideの場合、売却しようと思っている物件のタイプと所在する都道府県・市区町村・町名を入力するだけで査定依頼できます。ですから別に一括査定サービスを利用するにあたって、何も必要書類を準備する必要はないです。

またどこかREGuideに登録している不動産会社に売却の依頼を決めたとします。その際に、REGuideに対して仲介手数料を支払うことはありません。あくまでもREGuideは不動産会社のマッチングを行っているだけで、不動産会社と売主の間を取り持つことはないです。売買契約についても一切ノータッチなので、仲介手数料の心配をする必要がないのです。>>リガイドへの仲介手数料は0円!!

ただし不動産売却するにあたって、必要書類が出てきます。一括査定の段階では必要ないものの、いずれ準備しなければならないので早めにチェックをしておきましょう。

不動産売却にあたっての必要書類は、3タイプに分類できます。売主に関するものと検知関係の書類、建物に関するものの3種類です。

売主に関するものとは、本人確認書類です。単独で所有している場合は問題ないのですが、共有の物件もあるでしょう。その場合には所有権を持っている人全員の本人確認書類を準備しなければなりません。特に遠方の親族などが共有者に入っている場合には、書類の準備に手間取る可能性がありますので注意しないといけません。

2つ目の権利関係の書類は、登録済権利書もしくは登記識別情報のことです。
よく「土地の権利書を持ってこい」のようなドラマのセリフがあります。まさにこの土地の権利書のことをさしています。

最後の建物に関する書類は、土地測量図や境界確認書、売却物件が一戸建ての場合には建築確認済証か検査済証、建築設計図、工事記録書などの書類を用意する必要があります。

REGuideに対しては仲介手数料を支払う必要はありません。しかし不動産会社が買い手を用意して、その人との間で売買契約が締結されれば、不動産会社に対して仲介手数料を支払う必要が生じます。

仲介手数料の上限は法律で決まっていて、物件価格の3%に6万円を足したものに消費税となります。大半のところがこの上限の仲介手数料を請求してくると思いましょう。

>>>REGuideで査定を受けてみよう!

REGuideの評判はどうなの?口コミ情報をピックアップしてみた

不動産一括査定サイトとして、REGuideは高い人気があるとしばしば紹介されています。しかし実際の実際の評判について確認したいという人もいるでしょう。そこで以下では実際にインターネットで紹介されていた、REGuideの体験談をいくつかピックアップしていきます。

「インターネットを利用して自分の不動産の査定をすることに抵抗がありました。変に情報が漏れてしまうのではないか、信用できる査定が受けられるのかといった不安です。やはり金額が金額なので、ネットの一括査定に興味があっても実際利用するときには躊躇しました。
REGuideは大手のSBIグループが運営しているサイトなので、その部分では安心だと思いました。大手の有名な不動産会社も多数参加していることもあり、やっと利用の決心がつきました。結局現在REGuideで紹介されたある不動産会社を使って、売却活動してもらっています。もっと早く利用しておけばよかったかも、とちょっと後悔しています。」
「不動産を売却する際に、一括査定サービスとしてREGuideを利用しました。なぜREGuideを利用したのか、大きかったのはやっぱり安心感ですかね。金融・証券の世界で有名なSBIグループの一括査定サービスなので安心です。
こちらのサイトはただ一括査定ができるだけでなく、不動産に関するコンテンツの充実している所もおススメだと思います。初めての不動産売却だったのですが、サイト内の「売却必勝法」は大変参考になりました。」
「以前土地の売却をしたことがあって、SBI不動産にお願いしたことがありました。今回マイホームを諸事情により売却することになったので、以前利用したSBI不動産にお願いしようと思いました。しかしネットを探してもSBI不動産が見つかりませんでした。
しばらく調べていると、REGuideと名称変更していることを知りました。ちょっと焦りましたが、今までどおりしっかりしたサービス提供をしていて満足度は高かったです。」

このようにおおむね、REGuideを利用した人は好意的な口コミを寄せています。しかし口コミサイトの中には、悪い印象を受けたという意見もたまに投稿されています。

「別荘の売却をしてもらおうと思って、REGuideの一括査定を利用しました。そして2つの不動産会社に候補を絞って、詳しい話を聞こうと思い訪問査定をそれぞれにお願いしました。
別荘は確かに交通の便の悪い所にあったのですが、都合が合いませんでした。担当者の不快そうな態度が電話越しにも伝わってきました。悪いなという思いはありましたが、あそこまであからさまに不快な態度をとられるのはどうかなと思います。」

このように人によっては、悪い印象を抱くこともあるようです。しかし全般的な印象としては、好意的な意見が多いです。不動産売却しようと思うのであれば、REGuideを利用する価値は十分あるでしょう。

>>>REGuideの公式サイトをチェック!

他の不動産一括サイトにはない!REGuideの魅力はどこ?

他にも不動産一括査定のサービスはあります。その中でもREGuideの魅力は、その安定感にあります。

もともとREGuideは「SBI不動産ガイド」という名称で一括査定のサービスを展開していました。SBI不動産ガイドは2006年から運営を開始していますので、実に10年以上の歴史のあることになります。これは不動産系サイトの中では屈指の老舗です。不動産に関するノウハウをしっかり持っているので、安心して利用できるわけです。

また他の不動産一括査定を見ると、意外と不動産情報の入力に手間取るサイトもあります。築年数や面積など、ちょっとその場ではわからない情報を入力しないといけない項目もあります。

しかしREGuideの場合、一括査定の依頼を簡単に行えます。一部入力するのが面倒な項目もあります。REGuideではYahoo!やFaceBookの情報を引き継げる機能を有しています。このため、入力にかかる手間が省け、ちょっとした空き時間を利用してサービスを活用できます。>>休憩時間にお試し査定!

不動産一括査定を利用する場合、どのような不動産会社が参加しているか気になるという人も多いでしょう。REGuideでは、500社を超える不動産会社が参加しています。

REGuideではSBIグループ独自のノウハウを生かして、参加企業の審査を実施しています。厳しく企業を審査して登録させているので、質の高い査定が受けられ、現実に沿った高値査定をしてくれる不動産会社が多いです。

>>>他にはないREGuide独自のserviceがあります!

こうすればスムーズ!REGuide活用のコツ

REGuideでは不動産査定を受けるにあたって、物件情報以外に個人情報を入力する欄もあります。名前や電話番号、メールアドレス、不動産業者からの連絡日時を入力します。

しかしこちらの個人情報は、Yahoo!やFaceBookのアカウント情報からボタン一つで抜き出すことができます。こちらのサービスを利用すれば、入力にかかる時間を短縮できます。

アカウント情報を抜き出されると、個人情報の流出につながってしまうのではないかと心配する人もいるでしょう。しかしREGuideのこのサービスは必要最小限の情報しか抜き出されることはありません。個人情報漏えいなどを心配する必要はないでしょう。>>セキュリティ体制も万全

必要な情報を入力すると、査定対象の不動産業者を自動的にピックアップしてくれます。この中でどこの業者に査定の依頼をするか、自分で取捨選択できます。しかしできることなら、ピックアップされたすべての業者に査定の依頼をしましょう。選択肢を多くした方が、より高値で売却してくれる不動産会社の見つけられる可能性が高いからです。

REGuideのポイントとして、不動産売却だけでなく、賃料の一括査定も行える点に注目しましょう。売却しようか、部屋を貸し出そうかで迷っているのであれば、賃料一括査定も利用してみると良いでしょう。賃料は賃料で、不動産管理業務を行っている業者複数に一括依頼ができます。

>>>REGuideを活用してみよう!

結局REGuideを利用すべき?まとめ

以上REGuideについて多角的に調査してみました。いろいろとある不動産一括査定サイトの中でも、利用すべきサイトであることがお分かりいただけたでしょう。やはりSBIグループという大手の傘下に入った不動産系の会社が運営している所は大きいです。

このため、日本全国の数多くの不動産会社が一括査定に参加しています。有名な大手から地域密着型の不動産会社まで、いろいろなタイプの不動産会社の査定が受けられます。皆さんにとってベストの選択肢が見つかりやすいという部分では評価できるでしょう。>>あなたにとっての優良業者を見つけましょう

また不動産売却にまつわるコンテンツの充実している所も、おすすめポイントの一つです。初めて不動産売却する場合、何千万円というお金が時として動きますのでいろいろと調べて、納得の上で手続きを進めたいともう人が大半のはずです。

REGuideは不動産売却に関するコンテンツが充実しているので、こちらも物件を売るにあたって参考になるでしょう。無料で利用できますので、不動産売却を検討している人は利用しても損はないはずです。

>>>REGuideの公式サイトをチェック!

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.