売却・査定

抵当権抹消登記は誰がおこなうもの?手続きに費用をかけずに済ます方法解説

更新日:

住宅を購入し長い期間の住宅ローンを完済した後は、「抵当権抹消登記」をおこなう必要性があります。

ローンを完済した後に銀行窓口でもらう書類には、「抵当権はローン完済後に自動抹消とはなりません」という類の説明が書かれていることがほとんどです。抵当権の抹消は、自身でおこなわなければいけません。

お金を返してもらえば金融機関にとっての抵当権管理は終わり。抵当権を設定するときは親切に司法書士が立ち会ってくれるものですが、抹消登記に金融機関が丁寧に関わってくれることはないのです。

当然、抵当権抹消登記にも手続きが必要になりますので、一般的には自身で専門家である司法書士にお願いすることになっています。

そもそも抵当権抹消登記はしなければいけないもの?

住宅ローンを完済した後もそのまま住み続けるというのであれば、支払い完了と同時に急いで抵当権抹消登記をしなくても問題はありません。 実は抵当権抹消登記に関しては、期限が設定されていないのです。

しかしローン完済後の物件を売却する場合や、物件を担保にしてお金を借りるようなことがある場合は、必ず抵当権抹消登記をおこなわなくてはいけません。

物件を売却した場合など、買主が「他人の抵当権」のあるところに住むようなことを防ぐために手続きをする必要があります。

抵当権抹消登記に必要な文書についても、放っておくと金融機関から出されたものが古くなり効力を失効してしまう場合があるので注意が必要です。

例えば相続の問題などが発生したりしたときに、金融機関が合併・商号や本店の変更や代表者の変更などがあった後では、手続きがより複雑になってしまい一般の素人では太刀打ちできなくなってしまいます。

結果として司法書士に高い費用を支払い、手続きを依頼することになるのです。抵当権抹消登記は早めが得策だと言えます。

自分でおこなえばかなりお得!?抵当権抹消登記にかかる費用目安

抵当権抹消登記をする際に必ずかかってくる費用は、登録免許税です。これは登録免許税法という法律で定められている額となります。

自分で抵当権抹消登記の手続きをおこなえば、 その他に高額な手数料はかかりません。必用な経費と言えば、書類を郵送する場合の郵便代・法務局に行くまでの交通費くらいなのではないでしょうか。

確かに法律的要素が絡む登記の申請は、自分でおこなうには知識としても手続きとしても複雑そうで面倒だと感じてしまうかもしれません。

ただ、司法書士などの専門家に頼むとなるとそれなりに費用がかかってきます。実際、抵当権抹消登録の手続きを司法書士に依頼すると、概算で15,000~20,000円ぐらいです。

どうしても時間に余裕がなく手続きをおこなうことができない場合は、司法書士に頼むのも1つの方法です。しかし頼むにしても、依頼するだけで本人確認や必要書類の用意・作成、その他準備に必要な情報の提供など細かいやり取りが発生してきます。

そのことを考慮しても、自分で1時間ほどの時間だけかけて書類を準備して申請してしまったほうが、時間的にも金銭的にも効率的だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

今はインターネットがある便利な時代です。よほど専門的なこと以外は、ネット検索すればほとんどの情報を手に入れることができます。

抵当権抹消登録の手続きに関しても、手続きに必要なものや申請書類の作り方・実際の申請の仕方など、事細かに説明してくれているサイトがあるはずです。

少しのお金でも何かに必要になってくることもあると思います。費用の削減もそうですが、自分でできることは勉強と思ってなるべく自らおこなってみるようにしましょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.