売却・査定

不動産譲渡所得税に関する必見の税金知識!安くするための「特例」とは?

更新日:

不動産譲渡所得税とは、持っている不動産を売却するときに生じる所得に対しかかってくる税金のことです。購入した時より高く売却した場合に課税されます。

不動産譲渡所得税は、課税の対象となる「課税譲渡所得」に適当な税率を乗じて算出します。課税譲渡所得は、不動産の売却価格から購入価格と購入時にかかった諸経費を合わせたものを差し引いた金額です。

購入時にかかった諸経費は、仲介手数料・印紙税・登録免許税・登録手数料・不動産取得税などが挙げられます。購入時の諸経費について不明点がある場合は、「売却価格の5%」として計算ができるようです。

不動産譲渡所得税をできるだけ安くするための特例とは?

大きく分けて3つの特例を利用することになります。「3000万円の特別控除による特例」「不動産の所有期間が10年以上による軽減税率の特例」「買換え時の特例」です。

売却する不動産に自身が居住している・売買が親子や夫婦など特別な間柄ではない・遡って2年間はこの特例や譲渡損失などの特例を受けていない、などの要件を満たせば「3000万円の特別控除による特例」を受けることができます。

さらに、売却する不動産に10年以上の所有期間がある場合、「3000万円の特別控除による特例」と併用して軽減税率の特例を利用できます。この所有期間を把握しておくことは、併用を実施するうえで重要です。

「買換え時の特例」を受けるについては、多少事情が異なります。要件として売却する不動産が、売却する年の1月1日時点で所有期間が10年以上であること・居住期間も10年以上であること・売却価格が1億円以下であること、などがあります。

さらに買い換える不動産についても、床面積が50㎡以上・築年数が25年以内または耐震住宅・土地面積500㎡以下・前の不動産を売却した年の前年から翌年まで3年以内に取得した不動産である・一定期間内は居住用である、などの要件があります。

また買換え時の特例を受ける場合、「3000万円の特別控除による特例」と「不動産の所有期間が10年以上による軽減税率の特例」との併用ができないことに注意が必要です。

不動産売却で損失が出た場合の特例

不動産を売却することによって損失が出てしまった時、「居住用不動産に買換え等における譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」と「特定居住用財産における譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」と言う2つの特例を利用することができます。

特例を利用することで不動産売却に該当する年度の給与など他所得と損益通算すれば、支払わなければならない税金が安くなります。

また売却に該当する年度中、損失の控除をすることができなかった場合、翌年以後、最大3年の間繰り越すことが可能な場合があります。このため、翌年以降に支払う税金が安くなるかもしれません。

まとめ

税金に関する知識がないために、大きな損をしてしまう場合があります。また不動産売却に限らず税制度は、税務上の規則により細かく取り決められていることが多く、毎年微妙に税率が変わったりもします。

細かな規則や税法の内容は、一般の人々にとってとてもわかりにくい状態だと言っても過言ではありません。

不動産売却をおこなう前から、ある程度税金に関する知識を把握しておくことが理想ですが、細かな部分については限界があります。

該当する案件が浮上する前に事前に専門家に相談することで、より安全に税制度を利用することができるのではないでしょうか。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.