売却・査定

目的別に不動産セミナー参加 でもこんなセミナーに参加したらカモられる

更新日:

不動産投資の勉強を始めるために多くの方が利用しているのは、不動産セミナーに参加することです。

といってもやみくもに不動産セミナーに参加してはいけません。

不動産と言っても、一戸建ての購入、アパートの購入、マンション一棟買い、区分マンション(マンションの中の一部屋)の購入、ホテルや旅館の購入、駐車場の購入といろいろな種類があるためです。

自分たちの資金力に合わせてどんな不動産投資を始めたいか良く考えましょう。
今回は不動産セミナーの選び方と題して、新しく不動産投資を始めたい人はどんなセミナーに参加したほうがいいのか見ていきたいと思います。
 

資金力に合わせたセミナーの選択

不動産投資というのは、購入したい物件の3割の自己資金を用意して、あとは銀行に資金を融資してもらうことによって購入します。つまり自己資金が500万ほどしかないなら、1500万円ほどの区分マンションを購入することを考える良いかもしれません。

自己資金が3000万円ほど用意できるならば、1億円ほどのアパートの購入を考えることもできるでしょう。さらに資金力がある人はマンションの一棟買いも考慮できます。

つまり自分の資金力に合わせて、「区分マンション購入セミナー」に参加するのか、「アパート経営セミナー」に参加するのか、「マンション購入セミナー」に参加するのか選ぶことになります。
 

セミナーに参加する目的を明確に

続いてセミナーに参加する目的をしっかりしなくてはいけません。
もしもセミナーに参加してある程度の知識を得た上で、すぐにでも不動産投資をしたいと思っている人は、実際に販売を目的としてセミナーを開催している「不動産会社の無料セミナー」に参加するといいかもしれません。

彼らの目的は不動産投資のノウハウを伝授すると同時に、物件の販売が目的です。無料のセミナーを開催してもアパートなどが売れるので元が取れるのです。

もしも不動産投資は初めてなので、不動産関連用語の勉強や、どうやって物件を購入するのか、費用がどれくらいかかるのかなどの不動産全般の基礎知識を得ることを目的としているならば、「有料の不動産講座セミナー」に参加したほうがいいかもしれません。

受講料がセミナー開催の目的なので、無料でセミナーを受けたからには、何か購入しないといけないのではないかという心配をしなくて済むからです。
 

注意点-初心者は無料のセミナーに参加しないほうがいい

セミナー開催をしている会社や個人は、「うちの無料セミナーに参加してください。
有料セミナーは中級者、上級者向けだから参加しないほうがいいですよ」と述べますが、これは初心者を騙すための方便です。

残念ながら無料の不動産セミナーは、投資に関して無知な人を騙すための手段になっていることがよくあります。

目的は「今後も不動産購入のアドバイスをしますよ」と言って、高いコンサルタント契約を結ぶことだったり、自分たちの会社の本やCDを売りつけることだったりするのです。

参加しても問題のない無料不動産セミナーとは

目的がハッキリしている不動産会社の無料不動産セミナーです。例えばアパート経営として日本的に有名な大東建託やシノケンハーモニーが開催している不動産セミナーは目的がはっきりしています。「うちの会社のアパートオーナーになりませんか」です。

開催されるセミナーでは大東建託やシノケングループのアパートオーナーになるための講座が開かれるというわけです。

もちろん素人でもアパート経営者になってもらうための必要な知識を分け与えてくれてくれます。これら大手のアパートは入居率も98%なので、参加してもまちがいのない不動産セミナーと言えるでしょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.