売却・査定

「クーリングオフ」は不動産取引のときこそ知っておくべき制度!?

更新日:

訪問販売や通信販売など、「買主」が不利益を被りやすい商取引のときに活用されることの多い「クーリングオフ制度」。不動産売買をおこなう場合も、必ず把握しておくべきポイントの一つです。

宅地建物取引業法により、不動産の契約をおこなった後でもクーリングオフ制度を活用することで契約を破棄することができます。不動産の場合は、買主・売主双方を保護する制度です。

クーリングオフを使用するには期限があり、宅地建物取引業者から “申込みの撤回や契約の解除を行なうことができる旨とその方法等” を告げられた日より「8日以内」に制度活用の手続きをおこなわなければ適用対象となりません。そのため、不動産売買に携わるのであれば、取引前に制度内容を把握しておくことが大切です。

クーリングオフ制度の対象かどうかは「売主」と「契約場所」がポイント

取引のケースによっては、クーリングオフ制度の適用対象になる場合とならない場合、両方の可能性があります。対象かどうかの判断ポイントは、「売主」と「契約を行った場所」です。

条件の一つは、売主が「宅地建物取引業者」であるということです。売主が「個人」もしくは宅地建物取引業者「以外」の場合、クーリングオフ適用対象外となります。

さらに、契約場所が宅地建物取引業者の事務所や関連建物であれば、たとえ売主が宅地建物取引業者であったとしてもクーリングオフ制度は適用されません。また買主の自宅で契約した場合も、クーリングオフ制度を利用することはできなくなります。

不動産売買をおこなう場合、売主・買主どちらの立場であったとしても、クーリングオフ制度の概要を事前に把握しておくことで、万が一のトラブルに備えることができるのです。

不動産取引時は「売主」の立場こそクーリングオフ制度の把握が必要

不動産売買におけるクーリングオフ制度の全般的な概要や、適用対象となる条件について把握しておくことが本当に大切になってくるのは、「売主側」なのかもしれません。個人で不動産売却をお考えの方は、制度概要を把握しておくことで購入側がクーリングオフ制度を不正に利用することを防ぐことができます。

適用条件の一つが「売主は宅地建物取引業者でなければならない」であることから、個人取引の場合は必然的にクーリングオフ対象外となります。これにより、買主が契約破棄を依頼してくるケースに遭遇しても、焦らずしっかり対応することができます。これから個人で不動産売却をおこないたいと考えている方は、クーリングオフ制度について把握しておくようにしましょう。

まとめ

法律や各種制度は、内容の難しさや手続きの複雑さなどにより、広く周知されていなかったり自ら把握しようとしない傾向にあるようです。しかし、不動産のようなとても大きな金額が動くような取引においては、売主・買主双方がお互いに損をしないように、法律や各種制度の内容を少しでも把握しておくことが望まれます。

今回のクーリングオフ制度だけでなく、土地や建物などに関わる取引の特徴や法律・制度の種類など適用する場合には、自ら情報を集めると同時に専門家への相談もしておくことをおすすめします。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.