売却・査定

不動産の売却ではどんな査定基準で算出されているの?

更新日:

不動産売却をする際にまずは査定をすることになりますが、この査定価格というのはそれぞれの業者によって違っているものです。そのため査定基準がどのようなものなのかを所有者があらかじめ知る必要があります。

簡易査定より訪問査定が良い

不動産業者によって不動産の査定をする際の方法は違いがあります。査定するスタッフや不動産の状態によって違ってしまうのは当然ですが、それだけではなく査定方法そのものにそれぞれで相違があるからです。

また、不動産査定を行う際の考え方についても業者によって違いが出てくるので、こういった部分を意識しておかなくてはなりません。近年ではインターネットを通じて写真などを送付すれば簡易的な査定を行ってくれる業者などもいますが、こういった方法よりも、実際に足を運んでもらい不動産を見ながら行う訪問査定の方が確実性は高くなります。

やはり写真だけでは細かい部分などが見えないので比較的高い金額で査定してもらうことになりますが、実際に不動産を見たときには様々な亀裂や老朽状態から最終的な金額が大幅に下がってしまうこともあります。

業者によって査定額に大きな違いが出る

前述の通り、業者によって査定額には大きな違いが出ますので、できるだけ良心的な査定、そして正確な査定をしてくれるということが重要になります。査定方法をどのように決めるのかについても自分たちの売り上げそのものを最優先にしてしまうのか、まずは適正価格で取引できるという信頼を最優先にしているのかでも変わってくるでしょう。

また、不動産を査定した金額そのもので売れるわけではなく、売却する際には様々な費用などが差し引かれることになります。査定価格そのものが適正かどうかを判断するためにもまずは相場を把握した上で、査定金額を算出する際の根拠そのものはしっかり確認することも大切です。

査定方法の種類について

不動産を査定する際の方法には3つのものがあります。最も多く使用されているのが取引事例比較法というものになっており、投資不動産などに対し多く使われているのが、収益還元法になります。

その他建物や一戸建てに使われているのが原価法となっており、この三つの中でさてする業者がどれを基準にしているのかによって金額が変わってくるものだと認識しておきましょう。過去の実績を調べることや評判を調べ見ることも重要です。

上記のように査定金額の算出根拠を知るためには根拠となるデータを明示してくれるか、データが本当に信頼のおけるものであるかということも確認しなければなりません。例えば古すぎてしまうデータなどは根拠と言えない部分もあるので注意しましょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.